理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【安い】iPadで使えるOfficeソフト【PCの代わり】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

日本で人気のタブレットといえば、iPad。最近のiPadは高機能で、Apple純正のキーボードも用意されていることから、ノートパソコンの代わりとして使う人も多いようです

仕事や学習用にiPadを使うとなると必須になってくるのが「Officeソフト」ですよね

今回は、iPadで使えるOfficeソフトをいくつか紹介していきます

当サイトおすすめの格安&高機能なOfficeソフト「OfficeSuite」が今なら30日間返金保証&7日間の無料お試し可能!詳細は公式サイトをご覧ください→OfficeSuite公式サイト

【最終更新:2022年9月15日】

↓iPadで使えるペンはコチラ↓

あわせて読みたい
【Apple Pencil代替】オススメのスタイラスペン!スマホ・タブレットに対応 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はApple Pencilの代わりとしても使える、スマホやタブレット向けの...
クリックできる目次

Microsoft Office

はじめに紹介するのは、日本で圧倒的なシェアを誇る「Microsoft Office」

お馴染みの、Word、Excel、PowerPointに加え、ノートソフトの「OneNote」やメールソフトの「Outlook」等から構成されています

パソコンでしか使えないと思われがちですが、サブスクタイプの家庭向けプラン「Microsoft 365 Personal」を利用することでiPadOSでもMicrosoft Officeが使用可能になります

人気なだけあって高機能なのが特徴ですが、料金が高すぎる(1年あたり12,984円)というデメリットもあります

一応、Microsoft Officeの正規品を公式サイトよりも安く買う方法も存在する(↓の記事参照)のですが、それでも高いと思う方もいらっしゃるかもしれません

あわせて読みたい
【最安】Microsoft Officeを安く買う方法【正規品】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPointなど)を安く買う方法...

もし「Microsoft Officeは高すぎて買う気になれないけど、Microsoftじゃなきゃ絶対にヤダ!」という場合には、オンライン版の「Office Online」がオススメ。

通常版よりは機能面で劣りますが、Microsoftアカウントさえあれば無料で使用できます。ただしオフラインでは使えないので注意してください

以下、Microsoft OfficeとOffice Onlineの詳細です(横スクロール可能)

ソフト名Microsoft OfficeMicrosoft Office Online
機能Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
追加特典OneDrive 1TBなし
料金Microsoft 365 Personal:年間12,984円無料
iPad対応
※Microsoft 365 Personalのみ使用可能。
他のプラン(Office Home & Business 2021など)では使えません
〇(ブラウザ使用)
Microsoft Office
との互換性
あり

OfficeSuite

安くて高機能なOfficeソフトをお探しなら、MobiSystemsが開発する「OfficeSuite」がオススメ。

日本での知名度は低めですが、世界中に3億ものユーザーを抱える超人気ソフトで、品質の高さとお手頃な料金で知られています。MicrosoftOfficeと互換性がある上、操作性もMicrosoftに近いので、Microsoft Officeからの乗り換えに最適です

Microsoft Officeにはない機能としては、PDFの直接編集に対応したソフト「PDF Extra」が付属します。つまり、Adobe Acrobatの機能がOfficeSuiteを買えばついてくるとうわけです

料金はMicrosoftが年12,984円なのに対して、OfficeSuiteは年3,480円。買い切り版も用意されていて、こちらはMicrosoftの年額より安い9,980円で提供されています

ダウンロード版は公式サイトから購入可能です。今なら「30日間の返金保証」&「7日間の無料お試し」特典があるので、興味のある方は試しに使ってみるのがいいと思います

OfficeSuite公式サイト(今なら30日間の返金保証&7日間の無料お試し)

ソフト名OfficeSuite
機能Documents (Wordに相当)
Sheets (Excelに相当)
Slides (PowerPointに相当)
Mail & Calender
PDF Extra
追加特典ストレージ5GBまたは50GB(※)
料金年3480円〜(※)
iPad対応
Microsoft Office
との互換性
あり
公式サイトOfficeSuite公式サイト

※詳細は以下の記事を参照ください

あわせて読みたい
【無料期間あり】OfficeSuiteの評判、メリット・デメリット、互換性 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はMicrosoft Officeよりも安くて使い勝手の良い「OfficeSuite」を...

WPS Office 2

格安Officeソフトとして日本で有名なのが「WPS Office 2

WPS Office 2は中国に本社を置く企業・キングソフトが開発しているOfficeソフトで、以前は「KINGSOFT Office」という名称で提供されていました

高機能な順に「Platinum Edition」「Gold Edition」「Standard Edition」「Personal Edition」の4種類が用意されていますが、すべてマルチデバイス(iPadOS, iOS, Android)に対応しています

WPS Office 2はAmazonなどのECサイトから購入可能です

ソフト名WPS Office 2
機能Writer (Wordに相当)
Spreadsheet (Excelに相当)
Presentation (PowerPointに相当)
PDF
追加特典なし
料金Platinum Edition:9,900円
Gold Edition:7,390円
Standard Edition:5,690円
Personal Edition:4,190円
iPad対応
Microsoft Office
との互換性
あり
詳細WPS Office 2製品ページ

↓WPS Office 2 Personal Editionの購入

↓WPS Office 2 Standard Editionの購入

↓WPS Office 2 Gold Editionの購入

↓WPS Office 2 Platinum Editionの購入

結局どれが一番おすすめ?

今回はOfficeソフトをいくつか紹介しましたが「結局どれを選べばいいか分からない!」という方も多いかと思います

個人的には「OfficeSuite」が一番おすすめです。総ダウンロード数3億回を誇る人気ソフトなだけあって、機能も操作性も優れています

パソコンだけでなくスマホやタブレットにも対応しているのもGood。PDF編集ソフトやストレージが付属するのも地味にうれしいポイントです

今なら「30日間の返金保証」&「7日間の無料お試し」があるので、気になる方は試しに使ってみてください

OfficeSuite公式サイト(30日間の返金保証&7日間の無料お試し)

もしOfficeSuiteを使ってみて「使い勝手がイマイチ…」と感じた場合には、返金してもらって他の格安OfficeソフトやMicrosoft Officeに乗り換えるのがいいと思います

Microsoft Officeの正規品を公式サイトよりも安く買う方法については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください

あわせて読みたい
【最安】Microsoft Officeを安く買う方法【正規品】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPointなど)を安く買う方法...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次