理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【最新】スマホ・携帯で赤外線を使う方法【リモコンの代わりも】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回はスマホや携帯(ガラケー)で赤外線を使う方法を紹介していきます

赤外線非対応の機種でも使える代替策についても紹介していくので、ぜひ最後までお読みください

↓iPhone向けのスマホ保証(キャリアの保証から乗り換えるとオトク)

あわせて読みたい
【9社比較】どれがお得?おすすめのスマホ保険ランキング ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はおすすめのスマホ保9社の特徴をランキング形式で紹介していきま...

↓Androidスマホはこちら

あわせて読みたい
Androidユーザーにオススメのスマホの保険・補償【徹底比較】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はAndroidユーザーが利用可能なスマホ保険・補償サービスを紹介し...
クリックできる目次

赤外線に対応しているか確認

画像:au公式サイト

携帯・スマホ単体で赤外線を使いたい場合、赤外線に対応した機種を用意する必要があります

自分の端末が赤外線に対応しているか分からない場合には、キャリアやメーカーの公式サイトを確認しておくようにしましょう。

↓キャリアの赤外線対応機種(ソフトバンクは見つかりませんでした…)

上のリンクからも分かるように、ここ数年の間に発売されたスマホ・携帯はほとんど赤外線非対応です

一部のガラケーやXiaomiのスマホなら対応している機種がありますが、他は全滅と言っても過言ではないと思います

僕が探した限り、iPhone、Xperia(ソニー)、AQUOS(シャープ)、Galaxyといった主要ブランドはよほど古い機種でない限り非対応です

どうしても赤外線対応のスマホ・携帯が欲しいという方は中古スマホ専門店の利用も視野にいれてみてください↓

あわせて読みたい
【注意点あり】どこで買う?おすすめの中古スマホ販売店・ネットショップ ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 本記事では、中古スマホを購入する際の注意点を解説した上で「どこで買...

【赤外線に対応している最近の機種(一部のみ)】

  • Mi 10 Lite 5G
  • BASIO4
  • らくらくホン
  • かんたんケータイ
  • かんたんケータイ ライト

お持ちの携帯・スマホが赤外線に対応していない場合には、後述する代替策を使う必要があります

赤外線の主な用途

スマホや携帯で赤外線を使うためには、用途をはっきりさせておく必要があります

スマホ・携帯で赤外線を使う目的としては以下の2つが代表的です

  • 赤外線通信でデータ移行
  • スマホをリモコン代わりに使用

1つ目は、赤外線通信によるデータ移行です。

最近だと技術が発展してきたため、赤外線通信が使われる機会は激減しましたが、一昔前のガラケー、ゲーム機には幅広く採用されていました

この記事をお読みの方の中にも「古い携帯から新しいスマホにデータを送りたい!」という方が一定数いらっしゃると思います

その他にも「スマホを赤外線リモコンの代わりに使いたい」という人もいるかもしれません

機種によってはスマホ単体で赤外線リモコンとして使えるものもありますし、赤外線に非対応の端末でも代替策を用いることでリモコンとして使えるようになります

データ移行する方法・代替策

画像:au

赤外線通信でデータ移行するためには、送信側と受信側の両方が赤外線通信に対応している必要があります

対応機種同士なら「赤外線」と書かれたアプリが入っているので、それを使えばデータの移行ができるはずです(↓京セラのスマホ「DIGNO M」での操作画面)

ただし、移行できるデータの種類やデータ量、通信距離には制限があるので注意してください

一方、赤外線非対応機種でデータの受信・送信をするには赤外線通信以外の手段を使わざるを得ません

データ移行の手段としては以下の2つが代表的。

  • WiFi
  • Bluetooth

スマホであればWiFiとBluetoothの両方に対応しているのが当たり前なので、どちらか好きな方でデータ移行をすればOKです

データの転送速度は赤外線より速いですし、送受信できるデータの種類も豊富なので、WiFiやBluetoothが使えるなら敢えて赤外線通信を使う必要はないと思います

赤外線リモコンの代わりとして使う場合

続いては、スマホを赤外線リモコンの代わりとして使う方法をご説明していきます

先ほど「赤外線に対応している機種はかなり少ない」と言いましたが、リモコンとして使える機種はさらに限られてきます

僕の知る限りでは、Xiaomiのスマホ以外では基本的に使えません。

一部のXiaomi端末は専用アプリ(Miリモート)で家電の操作ができますが、他はスマホ単体では家電を操作することが不可能です

Mi Remote controller - for TV, STB, AC and more

Mi Remote controller – for TV, STB, AC and more

Xiaomi Inc.無料posted withアプリーチ

Xiaomiの以外のスマホで家電を操作したい場合には「スマートリモコン」を導入しましょう

「スマートリモコン」というのは、スマホと家電をつなぐ仲介役のような電子機器のこと。

スマートリモコンには赤外線機能が搭載されているので、家電用のリモコンをスマートリモコンに読み込ませることで、家中の電化製品がスマホアプリだけで操作できるようになります(※WiFiが必要)

外出先から家電の操作をしたり、タイマーをセットして自動でオン・オフを切り替えたり、、、といったことも可能です

機種によっては温度センサーや湿度センサーを搭載したものもあり、単なる家電の操作に留まらないのがスゴイところ

古い家電でも赤外線リモコンに対応しているものなら大抵使えるので、わざわざ家電を買い替える必要がないのは嬉しいポイントかと思います

オススメのスマートリモコン

スマートリモコンにも様々な種類がありますが、個人的にオススメなのが「Nature Remo」

特に最上位機種の「Nature Remo3」は高性能で、温度センサー、湿度センサー、照度センサー、人感センサーといった多種多様なセンサーが搭載されており、それらを使った自動化に対応しています

例えば、「気温が20℃を下回ったら自動でエアコンをオンにする」といった使い方が可能です

Nature Remoの詳細については以下の記事を参考にしてください

あわせて読みたい
【最新版】Nature Remoでできること、スペック比較【スマートリモコン】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は人気のスマートリモコン「Nature Remo」シリーズについて解説し...

↓iPhone向けのスマホ保証(キャリアの保証から乗り換えるとオトク)

あわせて読みたい
【9社比較】どれがお得?おすすめのスマホ保険ランキング ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はおすすめのスマホ保9社の特徴をランキング形式で紹介していきま...

↓Androidスマホはこちら

あわせて読みたい
Androidユーザーにオススメのスマホの保険・補償【徹底比較】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はAndroidユーザーが利用可能なスマホ保険・補償サービスを紹介し...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次