理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【簡単】Mastodonサーバーの立て方・費用・設定を解説!【VPS・初心者向け】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回はマストドンのサーバー(インスタンス)を立てる手順を解説していきます。サーバーに詳しくない方でも簡単に設定できるように説明しているつもりなので、安心して読み進めてください(なるべく早く立てられる方法を紹介しています)

※初心者向けに分かりやすく解説することに重きを置いたので厳密じゃない箇所があるかもしれません。ご了承ください

MastodonサーバーにおすすめのVPS

  • Xserver VPS:今なら国内最安!設定・管理が超簡単。高速&安定(おすすめ!)
  • ConoHa VPS:テンプレートあり。決済手段も充実
  • さくらのVPS:ネット上に情報が多い

本記事で紹介するMastodon(マストドン)のサーバーの立て方は以下の通りとなっています

  1. 独自ドメインを取得する(数分)。こだわりがなければ無料で取得することも可能。
  2. VPSでサーバー用のアカウントを取得する
  3. DNSの設定をする(設定自体は簡単だが待ち時間が長い場合あり)
  4. VPSを設定してMastodonサーバーを立てる(数分)
  5. (必要に応じて)管理者アカウントを作成して自分のサーバーに関する詳細な設定をする

↓おすすめのVPS(レンタルサーバー)はこちら

あわせて読みたい
【安い順】おすすめのVPS11社を徹底比較!【2023年最新】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は「VPS(Virtual Private Server)」を徹底比較していきたいと思い...
クリックできる目次

Mastodonサーバーの立て方は主に3つ

個人がマストドンサーバー(インスタンス)を立てる方法としては以下の2つが代表的かと思います

  • クラウド(AWSなど)を使う
  • VPSを使う

1つ目は「クラウドを契約して立てる」という方法。

クラウドとは「Webサービスを作る上で必要なものをネット経由で提供してくれるサービス」のこと。

本来、Webアプリ等をネット上に公開するためには、サーバーなどのハードウェアを自分で購入したり、ソフトウェアを自力でインストールしたりする必要があります

しかしながら、全てのリソースを自分で準備するには莫大な費用がかかりますし、維持費もかかります。さらに構築・管理するための知識も必要です

そこで活躍するのが「クラウド」。クラウドを使えば、世界のどこかに設置されているリソース(サーバーなど)をネット経由で自由に使うことができるようになります

クラウドサービスの中でも、Amazonのクラウドサービスである「AWS」やMicrosoftの「Azure」、Googleの「Google Cloud Platform (GCP)」などが人気です

クラウドは拡張性が高くて便利ですが、「多額の請求を受ける可能性がある」という欠点があります。

クラウドは月額料金ではなく、使用した時間やリソースに応じて課金されることがほとんどです。そのため、無計画にクラウドを使っていると、莫大な金額を請求をされて「クラウド破産」に陥る可能性もあります

そこで、本記事ではクラウドではなく「VPS」を使っていきます

VPSは月額課金制なので、自分の想定以上に請求される心配がありません。また、日本企業が運営しているケースが多いので、トラブルが発生した際に日本語で対応してもらえるのもGoodポイント。

VPSサービスは多数存在しますが、この記事ではXserver VPSを使用していきます。安価で高性能なだけでなく、マストドン専用のテンプレートが用意されているので、マストドンサーバーの構築には最適です

Xserver VPS公式サイト

なお、おすすめのVPSについては以下の記事にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください

あわせて読みたい
【安い順】おすすめのVPS11社を徹底比較!【2023年最新】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は「VPS(Virtual Private Server)」を徹底比較していきたいと思い...

Mastodonサーバーを立てるのに必要なもの・費用

Mastodonサーバーを立てるにあたって必要なものは以下の2つです

  • サーバー(VPSなど)
  • 独自ドメイン

サーバーについては説明不要かと思いますが、マストドン鯖を立てるには独自ドメインも必要になってきます

ドメインというのはURLの一部として使われる文字列のことで、いわば「Webサイトの住所」とも言える存在です

ネットユーザーは、ドメインを指定することで、そのWebサイトにアクセスできるようになります

たとえば、YouTubeのドメインは「youtube.com」、内閣府ホームページのドメインは「cao.go.jp」です(僕のブログの場合、yagokoro-lab.comがドメインです)

Twitterの場合、すべての投稿はTwitter社が所有するドメイン「twitter.com」の下で管理されます。一方、マストドンには全体を総括するドメインが存在しないので、サーバーを立てる人が自分専用のドメイン(いわゆる独自ドメイン)を用意する必要があります

ドメインは0円で取得できるものもあれば数万円以上のものもあります。ただ、ドメインはサーバーの質を左右するものではないので、費用を抑えたいなら格安のドメインでも構いません

サーバー(VPS)にかかる費用はサーバーの規模によります。仲間内だけで小規模にマストドンを楽しむなら月に数百円程度の出費で済みますが、人数が多くなるとそれなりにハイスペックのプランを契約する必要があるので注意してください

「どのプランを選べばいいか分からない…」という場合は、Xserver VPSの公式サイトに問い合わせてみてください

Xserver VPS公式サイト

Mastodonサーバー構築の流れ

Mastodonサーバーを立てる流れは以下の通りです

  1. 独自ドメインの取得
  2. VPSの契約
  3. DNSの設定 ← 設定反映に数時間~数日かかることも
  4. VPSの設定

本記事で紹介する手順の通りに作業を進めれば、そんなに時間はかからないかと思います。ただし、DNSの設定が反映されるのに数時間~数日かかることがあるので注意してください

あと「この記事を読んでも分からない」「不具合が発生して作業が進まない」という人のために、記事の最後に参考リンクを貼っておきました。必要に応じて参考にしてください

Mastodonサーバーの立て方

本記事で紹介するMastodon(マストドン)のサーバーの立て方は以下の通りとなっています

  1. 独自ドメインを取得する(数分)。こだわりがなければ無料で取得することも可能。
  2. VPSでサーバー用のアカウントを取得する
  3. DNSの設定をする(設定自体は簡単だが待ち時間が長い場合あり)
  4. VPSを設定してMastodonサーバーを立てる(数分)
  5. (必要に応じて)管理者アカウントを作成して自分のサーバーに関する詳細な設定をする

独自ドメインを取得する

まずは独自ドメインを取得していきます

独自ドメインを取得できるサービスはいくつかありますが、今回は業界最大手の「お名前ドットコム」で取得していこうと思います

ちなみに、おすすめの独自ドメイン取得サービスについては以下の記事にまとめてあるので、よかったら覗いてみてください

あわせて読みたい
【料金比較】安い!東大生おすすめの独自ドメイン取得サービス ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は独自ドメインを取得できるサービスについて徹底解説していこうと...

では、さっそく独自ドメインを取得していきましょう

まずは、お名前ドットコムの公式サイトにアクセスします

続いて、検索ボックスに使いたいドメインを入力して検索ボタンを押してください。

例えば「sample.com」を取得したい場合には「sample」と入力します

ドメイン名はどんな文字列でも基本的にOKですが、何のコミュニティか分かりやすいようにドメイン名を決めるのがいいと思います

検索ボタンを押すとドメインが使用可能かどうか表示されます

空きがある場合はチェックボックスが表示されるので、使いたいドメインにチェックを入れて下さい

ちなみに「abc」や「blog」のような単純なドメインは人気なため、すでに使用されていたり高額だったりします。

「.com」「.xyz」など様々なドメインが表示されますが、自分のお好きなもので構いません

購入するドメインにチェックを入れたら右側の「お申し込みへ進む」を押して下さい

次の画面では「サーバーを契約するかどうか」「ドメインの契約年数」「オプションサービスを追加するかどうか」を聞かれます

サーバーは後ほど「Xserver VPS」を申し込むので、ここでは「申し込まない」を選択

「Whois情報公開代行メール転送オプション」と「ドメインプロテクション」はお好みで申し込んでください

ドメインプロテクションはドメインの乗っ取りを防ぐための機能です

入力を終えたら、画面右側に「登録に使うメールアドレス」と「登録したいパスワード」を入力して「次へ」をクリック

あとは会員情報を入力し、支払いを完了させれば仮登録は終了です

最後に「サーバーの準備をお忘れではありませんか?」的なことを聞かれるかもしれませんが「申し込まない」を選べばOKです

手続きを終えてしばらくたつと「【重要】【お名前.com】ドメイン 情報認証のお願い」というメールが届くはずなので、記載されているURLをクリックしてください

これでお名前ドットコムへの登録は完了です

Xserverアカウント作成

つづいては、Xserver VPSでVPSサーバーを契約します

Xserver VPSの公式サイトにアクセスし、右上の「お申し込み」ボタンをクリック

エックスサーバー社のサービスを初めて使う場合には「すぐにスタート!新規お申込み」、すでにアカウントを持っている場合は「ログイン」をクリックしてください

「すぐにスタート!新規お申込み」を選択した場合、以下のような情報入力画面が出てくるので、案内にしたがって入力してください

あとは、メールアドレスとSMS(または電話)による認証をすれば、アカウント作成は完了です

XserverVPSのプラン選択

アカウントを作成したらプランの申し込みに移ります

「Xserver VPSを申し込む」をクリックすると、以下のようなプラン選択画面が出てきます

マストドン用に契約するなら、以下のように入力するのがおすすめです

入力項目入力内容
サーバー名そのままでも自分で決めてもOK
プラン4GB以上推奨
20人未満なら2GBでも大丈夫かも
※どれを選べばいいか分からない場合は公式に問い合わせてみてください
サーバーの契約期間長期契約だと月額料金が安くなってお得
イメージタイプMastodon
※タブを「OS」から「アプリケーション」に切り替えて
 「他のアプリケーションを選択する」をクリック
rootパスワード半角英数字、半角数字、半角記号から2種類硫黄含んだ9文字以上70文字以内

次の確認画面で入力内容に誤りがないことを確認したら「お支払いへ進む」をクリック。

決済画面が表示されます。「クレジットカード」「翌月後払い(コンビニ/銀行)」を選択して支払いを済ませてください

DNSの設定

決済を終えると、自動で以下のようなサーバー管理画面に移行します

先ほど契約したサーバーが表示されているはずなので、右のほうにある「VPS管理」をクリック

VPSサーバーの詳細が表示されます。

下のほうに「IPアドレス」という項目があるので、この文字列をメモしておいてください

続いて、「IPアドレス」の下に「接続許可ポート」という項目があるので、右側の「変更する」をクリック

以下のように「SSH」と「Web」を「ONにする」に切り替えて「接続許可ポートを設定する」をクリックしてください

続いて「お名前ドットコム」のお名前.com Naviにログインします。以下のような管理画面に移動するので、「ネームサーバーの設定」>「ドメインのDNS設定」をクリック。

契約中のドメイン一覧が表示されるので、マストドン用に使いたいドメインを選んで「次へ」をクリック。

続いて「DNSレコード設定を利用する」の右にある「設定する」ボタンをクリックしてください

下のほうへスクロールしていくと「A/AAAA/CNAME/MX/NS/TXT/SRV/DS/CAAレコード」という項目があります↓

ドメインをそのままマストドン用のURLとして使う場合には、以下のようにレコードを2つ追加してください※以下はドメイン名がexample.jp、IPアドレスが111.239.181.187の場合の入力例です。ご自分のIPアドレス(先ほどメモした文字列)に読み替えてください

ホスト名TYPETTLVALUE状態
(入力しない)A3600111.239.181.187有効
(入力しない)TXT3600v=spf1 +ip4:111.239.181.187 ~all有効

※「TYPEとかTTLって何?」という場合には以下のページをご覧ください。

お名前ドットコム「DNSレコード設定の各レコードの意味を教えてください。」

サブドメインを使う場合には、以下のようにレコードを2つ入力してください※以下はドメイン名がmstdn.example.jp、IPアドレスが111.239.181.187の場合の入力例です。ご自分のIPアドレス(先ほどメモした文字列)に読み替えてください

ホスト名TYPETTLVALUE状態
mstdnA3600111.239.181.187有効
mstdnTXT3600v=spf1 +ip4:111.239.181.187 ~all有効

レコードを2つ追加したら、ページの一番下にある「確認画面へ進み」をクリックして変更を反映させてください

なお、DNSの設定が反映されるまでに数時間~数日の時間がかかります(参考:お名前ドットコム「DNS設定の変更手続きをしてから有効になるまでの期間は?」)。反映されたかどうか確認したい場合には、以下のページをお使いください

https://www.whatsmydns.net/

ドメインを入力して「Search」をクリックすると、反映されたかどうかを自動で調べてくれます。表示されたIPアドレスが設定したIPアドレス(Xserver VPSのIPアドレス)になっていればOKです

Teratermの導入&マストドンの設定

DNSの設定が反映されたら、マストドンの設定に移りましょう

セキュアな環境でVPSに接続するためにSSHクライアントソフトを導入していきます。ここでは、最も代表的なSSHクライアントソフトである「Teraterm」を使っていきますが、ほかのSSHクライアントソフトでもOKです

まず、公式サイトからTeratermをダウンロードします。「ダウンロードパッケージ一覧」のところにある「teratem-x.xxx.exe」をクリックすると自動的ダウンロードが開始します

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたexeファイルを起動し、Teratermをインストールしてください。特にこだわりがなければ、全部「次へ」をクリックしておけばOKです

Teratermを起動すると、以下のような画面が出てきます

「ホスト」に先ほどメモしたVPSのIPアドレスを入力して「OK」をクリック。

初めて接続する場合にはセキュリティ警告が表示されますが、気にせず「続行」をクリックしてください

すると、以下のような認証画面が出てくるので、ユーザ名に「root」、パスフレーズにVPS契約時に設定したrootパスワードを入力してください

※もし認証画面が出てこない場合には、いったんteratermを閉じてから再度起動させてみてください

認証に成功すると以下のような画面が出てきます

最下列の「~# 」の後ろに文字が入力できるので、以下の文字列を入力して「Enter」を押下してください(ドメイン名とメールアドレスはご自分のものを入力してください)

curl -s https://yagokoro-lab.com/wp-content/uploads/2023/01/mstdn.sh | bash -s ドメイン名 メールアドレス

ちなみに、Teratermは「Alt」+「V」でペーストできます

上記のスクリプト(https://yagokoro-lab.com/wp-content/uploads/2023/01/mstdn.sh)はXserver VPSの公式サイトや後述の参考リンクをもとに作成したものです。

基本的にはXserver VPSのマニュアル(Mastodonアプリケーションイメージを利用する)に沿っています。もし、このスクリプトを実行しても上手くいかない場合には、記事後半の「エラーが出た時の対処法」を実行した上で、マニュアルどおりに操作してみてください

上記のコマンドを実行したら、ブラウザで自分のドメインにアクセスしてみてください。以下のようにマストドンの初期ページが表示されるはずです(たとえばドメイン名がexample.comならhttps://example.com/にアクセスしてください)

これで基本的な作業は終了です。お疲れ様でした

管理用ユーザー(admin)の作成

サーバーを立て終えたら、サーバー管理用のユーザー(admin)も作っておきましょう

管理ユーザーには他のユーザーよりも多くの権限が与えられており、自分のサーバーのルールを決めたり細かく設定できたりします

管理ユーザーを作成したい場合、Teratermで自分のサーバーにアクセスし、以下のコマンドを実行してください(参考:さくらのVPS スタートアップスクリプト)

sudo -u mastodon -i
cd live
RAILS_ENV=production bin/tootctl accounts create –role Admin –email メールアドレス –confirmed ユーザー名

コマンドを実行するとパスワードが表示されるので、メモしておいてください。あとは、入力したメールアドレスにサーバーからメールが送られてくるので、その案内にしたがってログインします

ログイン後、メニューを開いて、「管理」という項目があれば管理ユーザーです。

↓一般ユーザーの設定画面

↓管理ユーザーの設定画面(左側の設定項目が一般ユーザーよりも多いです)

管理ユーザーになると、サーバーに関する様々な設定を変更できるようになります↓

また、サーバーの状態、ユーザー数の推移も確認可能です

動作確認(アカウント作成と初めてのトゥート)

せっかくなので実際に一般アカウントを作成して動作確認しておきたいと思います

自分のサーバーにアクセスして、右のほうにある「アカウント作成」をクリック。

ユーザー名などを入力してアカウント登録します↓

設定が上手くいっていれば、「Mastodon: メールアドレスの確認」という件名のメールが届くはずなので、案内にしたがって認証します

これでアカウント作成は終了です。トゥートも問題なくできるはずです↓

VPSでエラーが出た時の対処法

「エラーが出てサーバーを立てることができない」という場合、下記の手順でOSを再インストールをしてください

まず、Xserver VPSのVPSパネルにアクセスし、右上の「電源操作」から「シャットダウン」を実行します

続いて、VPSパネルの左側のメニューから「OS再インストール」を選択し、再度「マストドン」をインストールします

OSの再インストールが終わったら、VPSパネル右上の「電源操作」から「起動」を実行します

後は、先ほどと同様の手順でマストドンを設定し直してください

サーバーの保守・管理に有益なページ

参考リンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次