ガジェット・家電

【2022年最新】ポケットサイズの超小型PC(UMPC)おすすめ機種

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回はポケットに入るくらい小さな超小型パソコン「UMPC」を紹介していきます

UMPCとは?

こんな記事を読んでいるくらいの人は「UMPC」という言葉を既に知っているとは思いますが、UMPCとは何なのかについて軽く説明しておきます

UMPCというのは「Ultra-Mobile PC」の略で、文字通り「持ち運び可能な超小型のパソコン」のことを指します

具体的には以下のような基準を満たすパソコンをUMPCということが多いそうです

  • ディスプレイサイズは9インチ以下で、タッチ操作が可能
  • 重量は900g以下
  • OSはWindowsかLinux

「モバイルノートPCよりも小型なPCのうち、スマホではないもの」みたいな感じですね

ただし、上の基準はあくまで目安なので、基準を満たしていなくてもUMPCと呼ばれることは多々あります

後述しますが、UMPCはゲーマー向けの製品と一般向けの製品に大別されます

主要なメーカーとしては、UMPCブームの火付け役とも言われる「GDP」とそのライバル的存在の「One-Netbook」が2大勢力といったところでしょうか

その他、「CHUWI」や「TopJoy」などのメーカーが有名かと思います

国内メーカーだとNECが「LAVIE MINI」というUMPCを出すかもしれないみたいな話がありましたが、未だ実現していないようです↓

UMPCの用途・メリット

携帯ゲーム機として使用可能

UMPCの最大のメリットは「ゲーム機くらいのサイズで、パソコン向けのOSを搭載していること」ではないでしょうか

「Nintendo Switchみたいな持ち運べるゲーム機でWindows向けのゲームを楽しみたい」そんなユーザーにうってつけなのがUMPCです

ゲーム用のUMPCにはジョイスティックやボタンが付いているものもあり、快適にゲームが楽しむことができます

いつでもどこでも作業ができる

UMPCはゲーム用としてだけでなく、作業用のパソコンとしても使えます

出先や電車の中で作業したいという場合に最適なのがUMPC。軽量かつ小型なので外出先に持って行くのも苦ではありません。

スマホと違って物理キーボードが付属しているので、スマホでちまちま入力するより断然効率よく作業できるかと思います

パソコン用のOSを搭載しているので、WordやPowerPointといったOfficeソフトも使えます

UMPCの選び方・注意点

ゲーム用と一般用がある

UMPCは一般に「ゲーム用」と「一般用」に大別されます

ゲーム特化型のUMPCには、ジョイスティックや物理ボタンなど快適にゲームをするための装備が備わっています。「GPD WIN 3」や「OneGx 1 Pro」が代表的です

一方、一般向けのUMPCは、普通のノートパソコンをそのまま小さくしたような形状をしています

自分の使用目的に合ったUMPCを選ぶようにしましょう

ペンは対応している?

UMPCの中にはペン(スタイラス)が同梱されているものもあります

UMPCのディスプレイは非常に小さいので「細かいところは指でタッチしにくい」のが難点。

そういうときにペンがあるとタッチ操作がしやすくなるので便利です。

またWordやPowerPointを起動させて、手書きでメモを取ったりすることも可能です

タブレットみたいに使える?

UMPCの中には、コンバーチブル型の2in1のようにディスプレイ部分を後ろ側に折り返す(360度回転させる)ことで、タブレットのように使用できるものが存在します

ものによっては、ディスプレイ部分を横方向に180度回すことでタブレットモードに切り替えられるものもあります

UMPCをタブレットとして使いたい場合には、こうしたタブレットモードに対応しているか確認するようにしましょう

一般向け!オススメのUMPC

ではオススメのUMPCを紹介していきます

サイズについては数値で見るよりも画像で確かめるほうが分かりやすいと思うので、サイズ感を知りたい方は公式サイトや販売ページを参照してください

GPD Pocket 3

製品名GPD Pocket 3
メーカーGPD
CPUIntel Core i7-1195G7 /
Intel Pentium Silver N6000
GPUIntel Iris Xe Graphics 96 /
Intel UHD Graphics
RAM16GB / 8GB
ROM1TB / 512GB
画面サイズ8インチ
タブレットとしての
使用
可能(コンバーチブル型)
インターフェースUSB Type-A ×2
USB Type-C(1195G7版はThunderbolt 4)
HDMI など
サイズ198×137×20mm
重量725g
公式サイト公式サイト

スペックの詳細は販売ページをご確認ください↓

OneMix 3s+

製品名OneMix 3S+
メーカーOne-Netbook Technology
CPUIntel Core i3-10110Y
GPUIntel UHD Graphics
RAM8GB
ROM256GB
画面サイズ8.4インチ
タブレットとしての
使用
可能(コンバーチブル型)
インターフェースUSB Type-A ×1
USB Type-C ×1
Micro HDMI ×1
microSDカードスロット ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
サイズ204×129×14.9mm
重量659g
公式サイト公式サイト

購入は公式ストアがオススメです→One-Netbook公式ストア

GPD Pocket 2

製品名GPD Pocket 2 2021ver
メーカーGPD
CPUIntel Core m3-8100Y
GPUIntel HD Graphics 615
RAM8GB
ROM256GB
画面サイズ7.0インチ
タブレットとしての
使用
不可能
インターフェースUSB Type-A ×2
USB Type-C ×1
microSDカードスロット ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
サイズ181×113×8–14mm
重量510g
公式サイト公式サイト

スペックの詳細は販売ページをご確認ください↓

TopJoy Falcon2

製品名TopJoy Falcon2
メーカーTopJoy
OSWindows 10
Ubuntu
CPUIntel Core m3-8100Y
GPUIntel UHD Graphics 615
RAM8GB
ROM128GB/256GB
画面サイズ8インチ
タブレットとしての
使用
可能(コンバーチブル型)
インターフェースUSB Type-A ×1
USB Type-C ×1
Mini HDMI ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
サイズ200×130×20mm
重量650g

ゲーム向け!オススメのUMPC

OneGx 1 Pro

製品名OneGx 1 Pro
メーカーOne-Netbook Technology
CPUIntel Core i7-1160G7
GPUIntel Iris Xe Graphics
RAM16GB
ROM512GB/1TB
画面サイズ7インチ
タブレットとしての
使用
不可能
インターフェースUSB Type-A ×1
USB Type-C ×2
Micro HDMI ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
サイズ173×136×21mm
重量623g
詳細公式サイト

購入は公式ストアがオススメです→One-Netbook公式ストア

GPD WIN 3

製品名GPD WIN 3
メーカーGPD
CPUIntel Core i5-1135G7
Intel Core i7-1165G7
GPUIntel Iris Xe Graphics
RAM16GB(LPDDR4x)
ROM1TB(NVMe SSD)
画面サイズ5.5インチ
タブレットとしての
使用
不可能
インターフェースThunderbolt 4 ×1
USB 3.2 Type-A ×1
3.5mmステレオミニジャック ×1
microSDカードスロット ×1
サイズ198×92×27mm
重量560g
公式サイト公式サイト

スペックの詳細は販売ページをご確認ください↓

VAIO Type Pの復活求む!

ポケットサイズのパソコンと聞いて「VAIO Type P」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか

VAIO Type PというのはSONYが年2009年頃に販売していた超小型のWindowsPC。

10年以上前に発売されたPCですが、現在でも通用する良質なデザインだと個人的には思います↑

おそらく、この記事を読んでいる方の中にも、VAIO Type Pの復活を心待ちにしている方も多いことでしょう

SONYから独立したのち、一時期はビジネス向けパソコンに注力していたVAIOk株式会社ですが、今後は個人向けのPCにも力を入れていくとのことなので、VAIO type P(またはそれに類する製品)が復活してくれると信じています

VAIOの最新機種について以下の記事をご参照ください