理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【15社比較】安いのは?おすすめのGoProレンタル【セットも】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は「GoProがレンタルできるサービス」と「レンタル可能な機種・料金」を解説していこうと思います

おすすめのGoProレンタルサービス

【最終更新日:2022年10月18日】

あわせて読みたい
【安いのは?】2023年最新!おすすめの家具・家電レンタル ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は、家具や生活家電や高性能ガジェットをレンタルできるサービスを...
クリックできる目次

GoPro各モデルのスペック

皆さん知っての通り、GoProは衣服やヘルメットなどに装着して撮影ができる超小型カメラ。

小さいながらも高画質で、耐久性・防水性もあるため、ヘルメットに装着してスキーやサイクリングの様子を目線のまま撮影したり、手でもって撮影しながらダイビングを楽しむといったことが可能です(↓公式の動画)

GoProには2つのシリーズがあります。1つは上の動画のようにアクションカメラとして使える「GoPro HEROシリーズ」、もう1つはカメラの周りを360°映し出すことができる「GoPro 360度カメラシリーズ」です

各モデルの発売時期は以下のようになっています

【アクションカメラ・HEROシリーズ】

  • GoPro HERO11 Black (2022年9月14日発売)
  • GoPro HERO10 Black (2021年9月17日発売)
  • GoPro HERO9 Black (2020年9月17日発売)
  • GoPro HERO8 Black (2019年10月25日発売)
  • GoPro HERO7 Black (2018年9月27日発売)
  • GoPro HERO7 Silver (2018年9月27日発売)
  • GoPro HERO7 White (2018年9月27日発売)
  • GoPro HERO6 Black (2017年9月29日発売)
  • GoPro HERO5 Black (2016年10月2日発売)

【360度カメラ】

  • GoPro MAX (2019年10月25日発売)
  • GoPro Fusion (2018年4月2日発売)

HEROシリーズのうち、新しい方から7機種のスペックは、以下のようになっています(スマホでお読みの方は、横スクロールしてください)

HERO 11HERO 10HERO9HERO 8HERO 7 BlackHERO 7 SilverHERO 7 White
動画画質5.3K/60FPS5.3K/60FPS5K/30FPS4K/60FPS4K/60FPS4K/30FPS1080p/60FPS
静止画画質27.13MP23MP20MP12MP12MP10MP10MP
防水性能10m10m10m10m10m10m10m
手振れ補正HyperSmooth 5.0HyperSmooth 4.0HyperSmooth 3.0HyperSmooth 2.0HyperSmooth補正あり補正あり
公式サイトでの
価格※税込み
58,000円51,000円48,000円販売終了販売終了販売終了販売終了

画質と手振れ補正の精度が主な違いです。

当たり前ですが、新しい機種ほど高性能な代わりにレンタル料金が高くなるので、自分に合ったスペックはどれか吟味した上でレンタルするようにしましょう

GoProにはアクションカメラの「Heroシリーズ」以外にも、360度カメラの「GoPro MAX」「GoPro Fusion」が存在します

360度カメラとは、その名の通り「上下左右の景色をすべて撮影できるカメラ」のことです。

通常のカメラで全方位を撮影しようとすると、カメラの向きを変えながら何回も撮影し、撮った写真を貼り合わせる必要があります。一方、360度カメラを使えば1回シャッターを押しただけで全方位を撮影可能です。あとから画像をつなぎあわせる必要もありません

360度カメラのレンタルについては別記事にまとめてあるので、ぜひご覧ください↓

あわせて読みたい
【安いのは?】360度カメラのレンタルサービス料金比較【おすすめ】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は360度カメラのレンタルにおすすめのサービスを紹介していきます...

GoProレンタルサービスの比較表

GoProレンタル主要5社の比較表は以下の通りです(機種ごとの料金比較表は後述)

サービス名GoPro Hero 10の
レンタル料金
新品買取対象地域特徴
kikito7,980円
(3泊4日, セット)
全国・dポイントが貯まる&使える
・最新機種が業界最安でレンタル可能
モノカリ9,800円
(3泊4日, セット)
×全国・空港、ホテル等でも受け取り可能
DMMいろいろレンタル7,940円
(4泊5日, 本体のみ)
×全国・DMMポイントが貯まる
Rentio8,980円
(3泊4日, セット)
全国・製品ページにレビューあり
ゲオあれこれレンタル6,800円
(7泊8日, 本体のみ)
全国・業界トップクラスの安さ

安いのは?レンタル料金比較(単体&セット)

GoProレンタル主要5社のレンタル料金を比較してみました

GoPro Hero 11のレンタル料金比較

以下の表は、GoProの最新機種「GoPro Hero 11」のレンタル料金を比較した結果です。

発売から時間が経っていないということもあり、Hero 11を取り扱っているレンタルサービスは少ないですが、kikitoとRentioではレンタル可能となっています。レンタル料金はkikitoが一番安いです

kikito公式サイトで詳細を確認

サービス名GoPro Hero 11の
料金(本体のみ)
GoPro Hero 11の
料金(セット)
kikito3泊4日:6,980円3泊4日:8,980円
モノカリ取り扱いなし取り扱いなし
DMMいろいろレンタル取り扱いなし取り扱いなし
Rentio3泊4日:8,980円取り扱いなし
ゲオあれこれレンタル取り扱いなし取り扱いなし

GoPro Hero 10のレンタル料金比較

以下の表は「GoPro Hero 10」のレンタル料金を比較した結果です。「本体のみ」も「セット」もkikitoが最安となっています

1日あたりのレンタル料金では「ゲオあれこれレンタル」が安いです

kikito公式サイトで詳細を確認

ゲオあれこれレンタルで詳細を確認

サービス名GoPro Hero 10の
料金(本体のみ)
GoPro Hero 10の
料金(セット)
kikito3泊4日:5,980円3泊4日:7,980円
モノカリ取り扱いなし3泊4日:9,800円
DMMいろいろレンタル4泊5日:7,940円取り扱いなし
Rentio3泊4日:7,980円3泊4日:8,980円
ゲオあれこれレンタル7泊8日:6,800円取り扱いなし

GoPro Hero 9のレンタル料金比較

以下の表は「GoPro Hero 9」のレンタル料金を比較した結果です。「Hero10」「Hero11」同様、kikitoが一番安いです

kikito公式サイトで詳細を確認

サービス名GoPro Hero 9の
料金(本体のみ)
GoPro Hero 9の
料金(セット)
kikito3泊4日:4,980円3泊4日:6,480円
モノカリ取り扱いなし2泊3日:8,090円
DMMいろいろレンタル4泊5日:7,940円取り扱いなし
Rentio3泊4日:6,980円3泊4日:7,980円
ゲオあれこれレンタル7泊8日:5,800円取り扱いなし

GoPro Hero 8のレンタル料金比較

以下の表は「GoPro Hero 8」のレンタル料金を比較した結果です。kikitoが圧倒的に安いです

kikito公式サイトで詳細を確認

サービス名GoPro Hero 8の
料金(本体のみ)
GoPro Hero 8の
料金(セット)
kikito3泊4日:990円3泊4日:990円
モノカリ取り扱いなし3泊4日:7,400円
DMMいろいろレンタル4泊5日:6,940円取り扱いなし
Rentio取り扱いなし取り扱いなし
ゲオあれこれレンタル7泊8日:3,800円7泊8日:6,800円

おすすめのGoProレンタルサービス

前置きが長くなりましたが、ここからは「GoProが借りれるレンタルサービスとレンタル可能な機種」を紹介していきます。

GoProがレンタルできるサービスはたくさんありますが、ここでは特におすすめの5社を厳選して紹介します

kikito

画像:kikito公式サイト
サービス名kikito(キキト)
運営会社NTT DOCOMO
送料無料
新品レンタル
補償通常利用での故障は負担なし
買取
対象地域全国
公式サイトkikito公式サイト

kikito(キキト)とは、携帯回線でお馴染みのdocomoが提供するデバイスレンタルサービス。kikitoという名称は「機器と一緒にあなたらしい未来へ」というコンセプトから名付けられたそうです

レンタル可能なデバイスは、VRゴーグルやロボット掃除機、カメラ(GoPro含む)、ホームプロジェクターなど多岐にわたります。ベビーモニターや可愛らしい家庭用ロボットなど珍しい機器も取り扱っています

GoPro Heroシリーズのラインナップは「GoPro Hero 8」~「GoPro Hero 11」となっており、どの機種も他社と比べて安くレンタルできることが多いです。コスパで選ぶならkikito一択だと思います

dポイントが使えるのも嬉しいポイント。レンタル料金に応じてdポイントが付与されるだけでなく、既に保有しているdポイントをレンタルの際に使うことも可能です

なお、中には「docomo回線契約してないと使えないんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、dアカウントさえあれば誰でも利用できます(dアカウントはドコモユーザー以外も作れます)

kikitoのサービス内容・ラインナップについて詳しく知りたい方はkikito公式サイトをご覧ください

kikito公式サイト

サービスの特徴
  • レンタル料金が業界最安クラス。
  • dポイントが貯まる&使える
  • ドコモ回線を契約していなくてもレンタル可能。
  • 新品レンタルにも対応。買取も可。

詳細は公式サイトにてご確認ください

↓詳細・取り扱い商品・料金はコチラ

あわせて読みたい
ドコモのレンタルkikitoのリアルな評判・特徴を紹介!【2023年最新】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はdocomoのデバイスレンタルサービス「kikito」の評判や紹介をして...

モノカリ

サービス名モノカリ
運営会社株式会社スペクトル
送料無料
新品レンタル不可
補償通常利用での故障は負担なし
買取
対象地域全国(離島は不可)
公式サイトモノカリ公式サイト

モノカリ」は株式会社スペクトルが運営する家電レンタルサービス。

普段なら手の届かないような最新家電・高級ガジェット(WF-1000XM4など)が格安でレンタルできるのが特徴です(もちろんGoProもレンタル可)

家電レンタルサービスは他にもたくさんありますが、「モノカリ」ほどユーザーサポートが充実しているサービスは存在しないでしょう

例えば、実店舗や旅行先のホテル、空港での受け取りに対応していたり、石垣島のような離島でもレンタルできたりと、「かゆいところに手が届く」サービスとなっています

さらにレンタル中の製品を壊してしまったとしても、2000円以上の弁償を払う必要はナシ。GoProでの撮影の際には水没の心配がつきまといますが、弁償について過度に気にする必要がないのは嬉しいポイントかと思います

モノカリ公式サイトで詳細を確認

サービスの特徴
  • 初心者向けのセットが充実
  • 空港・ホテル等で受け取り可能

詳細は公式サイトにてご確認ください

あわせて読みたい
最新家電を安くレンタル!モノカリの評判、料金まとめ ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 突然ですが、皆さん 「高い電化製品を買いたいけど、購入後に後悔しな...

DMMいろいろレンタル

画像:DMMいろいろレンタル
サービス名DMMいろいろレンタル
運営会社DMM.com
送料無料
新品レンタル不可
補償通常利用での故障は負担なし
買取
対象地域全国
公式サイトDMMいろいろレンタル公式サイト

「DMMいろいろレンタル」はDMM.com合同会社が運営するレンタルサービス

その名の通り、品揃え豊富なのが特徴で、取り扱いジャンルは「家電」や「ファッションアイテム」「ゴルフ用品」「スーツケース」「モバイルWiFi」など多岐に渡ります(もちろんGoProもレンタル可能です)

DMMポイントが貯まる&使えるのも魅力的。「家電以外のものも一括でレンタルしたい」という方にオススメです

以下のリンクから公式サイトにアクセスすると10%割引のクーポンがもらえます。ぜひ活用してください

DMMいろいろレンタル公式サイトで詳細を確認

サービスの特徴
  • DMMポイントが貯まる
  • 取り扱いジャンルが幅広い
  • GoProは基本的に本体のみ(セットなし)
  • 新品レンタルにも対応。買取も可。

詳細は公式サイトにてご確認ください

あわせて読みたい
種類が豊富!DMMいろいろレンタルの評判、料金まとめ ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 突然ですが皆さん、年中行事や旅行の際に「少しでも出費を抑えたい!」...

Rentio

画像:Rentio
サービス名Rentio(レンティオ)
運営会社レンティオ株式会社
送料無料
新品レンタル
補償通常利用での故障は負担なし
過失による破損の場合は上限2000円
買取
対象地域全国(離島は不可)
公式サイトRentio公式サイト

Rentio(レンティオ)は国内大手のレンタルサービス。

家電・ガジェットの品揃えなら業界トップで、2000種類以上の製品の中からお好きなものを選ぶことができます

GoProのラインナップも充実しており、最新機種もレンタル可能です。各製品ページにレビューが掲載されているので、評判を確認してからレンタルできます

長期間レンタルすると追加料金なしで貰えちゃう「もらえるレンタル」や違うブランドに乗り換えることができる「乗り換えパック」など独自のサービスも魅力的です

ただし、レンタル料金はやや高めなので注意してください

サービスの特徴
  • ガジェットの品ぞろえが充実
  • 製品ページにレビューが掲載されている
  • レンタル料金は高め

ゲオあれこれレンタル

画像:ゲオあれこれレンタル
サービス名ゲオあれこれレンタル
運営会社株式会社ゲオ
送料無料(北海道、沖縄除く)
新品レンタル
補償通常利用での故障は負担なし
過失による破損の場合は上限2000円
買取
対象地域全国(沖縄、離島を除く)
公式サイトゲオあれこれレンタル

ゲオあれこれレンタルは株式会社ゲオが運営する家電・ガジェットレンタルサービスです

他社で扱っていないようなニッチな製品も扱っているのが特徴で、GoProだけでなく、ドローンや関数電卓、双眼鏡などもレンタルできます

また、家電レンタルサービスとしては珍しくスマホやパソコンもレンタル可能です

他のレンタルサービスに比べてGoProのラインナップは乏しいですが、本体のみのレンタルであれば最安クラスとなっています

ゲオあれこれレンタル公式サイトで詳細を確認

サービスの特徴
  • レンタル料金が最安クラス(ただし最新機種なし)
  • 最低レンタル期間は7泊8日
  • 買取も可能
  • 北海道と沖縄は送料がかかる

レントリー

サービス名レントリー
運営会社株式会社rentry
送料無料
新品レンタル不可
補償通常利用での故障は負担なし
買取
対象地域全国(離島のぞく)
公式サイトレントリー公式サイト

セットプランが充実しているのが「レントリー」です

レントリーでは、通常の「初心者セット」のほかに、「水中撮影セット」「星空撮影セット」「スキー・スノボセット」「自転車撮影セット」といった利用目的ごとのレンタルプランが用意されています。周辺機器を自分で準備する手間が省けるので便利です

また、他社のレンタルサービスだとSDカードを自分で用意しなきゃいけないケースが多いですが、レントリーは無料で64GBのSDカードを提供してくれます

製品ページが詳しいのも好印象。各機種の詳細なスペックや実際の撮影例が掲載されています

サービスの特徴
  • 利用目的別のセットプランが充実
  • 64GBのSDカードが無料
  • 製品ページが分かりやすい

シェアカメ

サービス名シェアカメ
運営会社シェアカメ株式会社
送料無料
新品レンタル
補償自己負担は最大3000円
買取不可
対象地域全国(離島のぞく)
公式サイトシェアカメ公式サイト

シェアカメはカメラに特化したレンタルサービス。GoProのレンタル期間は「2泊3日~」となっており、他のレンタルサービスと比べて最低レンタル期間が短いのが特徴です

上級者向けのセットが充実しており、チェストマウントハーネスやフローティンググリップ、自撮り棒など10種類以上のアクセサリーが付属した「GoPro アクティブセット」「GoProエクストリームセット」が用意されています

マイナーなアクセサリーを使いたい方におすすめです

サービスの特徴
  • レンタル期間が2泊3日~
  • アクセサリーが充実(10種類以上)

APEX RENTALS

サービス名APEX RENTALS
運営会社株式会社ビデオエイペックス
送料無料
新品レンタル
補償レンタル料金の10%で保証加入
自己負担額1000円
買取
対象地域全国
公式サイトAPEX RENTALS

「APEX RENTALS」は20年以上の運営実績を持つ老舗のカメラレンタルサービス。

アクションカメラのラインナップが充実しており、GoProはもちろんのこと、SONY製のアクションカメラもレンタル可能となっています

アクセサリーの品ぞろえも豊富。様々な周辺機器が単体でレンタル可能なため、必要なものだけをピックアップして借りることが可能です

東京、大阪、愛知に実店舗があり、宅配だけでなく店頭で受け取り・返却することもできます

サービスの特徴
  • 運営実績が長い
  • アクセサリーを単体でレンタル可能
  • 実店舗での受け取り、返却にも対応

Tavishot

サービス名Tavishot
運営会社株式会社エヌテックス
送料無料
新品レンタル不可
補償過失による負担上限は1000円
買取不可
対象地域全国(離島は不可)
公式サイトTavishot公式サイト

旅行用カメラレンタルの「Tavishot」でもGoProをレンタルすることが可能です

旅行用カメラに特化しているだけあって、GoProのラインナップは充実しています。最新の「GoPro Hero11」から2016年発売の「GoPro Hero5」まで新旧様々な機種がレンタル可能です

セットプランも充実しており「初心者セット」「ネックマウントセット」「シュノーケルセット」「モトブログセット」「ツーリングセット」などが用意されています

LINE公式サイトを友だち追加すると11%OFFのクーポンがもらえるので、表示料金よりも安くレンタル可能です

サービスの特徴
  • 旅行用カメラに特化したレンタルサービス
  • LINE公式アカウントを追加で11%OFF
  • セットプランが充実(シュノーケルセット・ネックマウントセットなど)

パンダスタジオ

サービス名パンダスタジオ
運営会社株式会社PANDASTUDIO.TV
送料5500円以上のレンタルで無料
新品レンタル不可
補償レンタル料金の10%で保証加入可能
買取不可
対象地域全国
公式サイトパンダスタジオ公式サイト

「ライブ配信・Youtube機材レンタル在庫日本一」を謳うのがパンダスタジオレンタルです

カメラの品ぞろえが豊富で、GoPro以外にもOSOM Action、OSMO Pocket、insta360シリーズSONY RX0シリーズなど様々な小型カメラを扱っています

最低レンタル期間は「1泊2日」なので短期でのレンタルを考えている方におすすめです

ただし、レンタル料金が5500円未満の場合には送料がかかるので注意してください

サービスの特徴
  • 最低レンタル期間が1泊2日
  • ライブ配信・Youtube機材レンタル在庫が日本一
  • レンタル料金が5500円未満の場合、送料がかかる

GOOPASS

サービス名GOOPASS
運営会社カメラブ株式会社
送料無料
新品レンタル不可
補償負担上限5000円
買取不可
対象地域全国
公式サイトGOOPASS

GoPassはカメラの月額サブスクリプションサービスです

GoPassは料金は一風変わっており、はじめに月額PASSを購入し、そのPassのレベルに応じたカメラをレンタルする、という流れになっています

商品の返却期限は設けられていないので、契約期間内であれば好きなタイミングで交換可能です

サービスの特徴
  • 月額制のサブスクリプションサービス
  • PASSのレベルに応じた商品をレンタル可能
  • 好きなタイミングで商品を交換できる

離島・空港でGoProをレンタルできるのは?

旅行先でGoProを使いたいという場合には、離島・空港での受け取りに対応したレンタルサービスを選ぶといいでしょう

離島(石垣島、宮古島など)や空港でGoProを受け取れるサービスとしては「モノカリ」が挙げられます。受け取れる空港は以下の通りです

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 大阪国際空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 那覇空港
  • 新千歳空港
  • 鹿児島空港

モノカリ」以外にも空港・離島での受け取りに対応したサービスは存在するので、公式サイトで確認してみてください

GoPro向けレンタルサービス選びのポイント

続いてレンタルサービスをはじめて利用する人向けに「レンタルサービスの選び方」を解説していきます

アクセサリー込みのレンタル料金は安い?

GoProをレンタルする際には、本体のレンタル料金だけでなく周辺機器のレンタル料金も考慮する必要があります

GoProを使って撮影するためには、GoPro本体のほかにバッテリー(予備バッテリー)とmicroSDカード、充電ケーブルが最低限必要になってきます。

また、利用目的によっては三脚や自撮り棒として使える「3-Way」や水深60メートルまでの潜水を可能にする「防水ハウジング」などのアクセサリーが必要になることもあるでしょう

こうした周辺機器・アクセサリー類のレンタル料金も考慮した上でレンタルサービスを選ぶと損をせずに済むかと思います

レンタル可能な地域は?

まず、自分の住んでいる地域がレンタル対象地域になっているかチェックしましょう

大都市圏に住んでいるならまず問題ないですが、田舎や離島にお住まいの場合にはレンタルの対象外となる場合もあります

レンタル期間と料金をチェック

次にチェックすべきなのが「レンタル可能な期間とレンタル料金」です

レンタルサービスによっては短期間(数日間〜)のレンタルに対応していないものも多く存在します。

本当に必要な期間だけ借りて費用をなるべく抑えたいという場合には、短期間レンタルに対応したサービスをえらぶといいでしょう

逆に「長くレンタルしてじっくり使いたい!」という方は数カ月以上の長期間レンタルに対応したサービスがオススメです

壊した際の補償はある?

レンタルする上で心配なことと言えば「壊したときの弁償」ではないでしょうか?

大手のサービスなら大抵「故意でなければ壊しても負担なし」という場合が多いですが、中にはしっかり払わされるケースもあるので要注意です

「壊すのがこわい」という場合には補償がきちんとしたサービスを選ぶのがいいでしょう

受取方法も要確認。自宅以外で受け取れるサービスも

レンタルサービスの中には「自宅以外」で受け取れるものも存在します

受取方法として一般的なのは「自宅で受け取り」ですが、中には「空港や滞在先で受け取れるもの」「実店舗で受け取れるもの」もあります

出張先・旅行先で受け取れるのは荷物が減らせるので非常に便利です。また、実店舗での受け取りには「在庫さえあればすぐに受け取れる」というメリットがあります

その他のチェックすべきポイント

他にも「新品のレンタルに対応しているか」「気に入った場合はそのまま買い取れるか」「ポイント、クーポンは利用できるか」等を確認しておくといいかと思います

GoProをレンタルするメリット

買うより格段に安い

GoProをレンタルする最大のメリットは「費用を抑えられること」かと思います

GoProは非常に高額です。GoProを頻繁に使うのであれば購入したほうが安上がりかもしれませんが、ほとんどのケースではレンタルのほうが安くつきます

たとえば、「GoPro Hero 11」の場合、公式サイトで購入すると58,000円かかりますが、kikitoの4日間レンタルなら7,980円で利用可能です(いずれも執筆時点での料金)

レンタルサービスによっては、自撮り棒、SDカード、バッテリーといった周辺機器も一括でレンタルできる場合があります。セットでレンタルすると単品でレンタルする場合よりも安くなることが多いので、かなりお得です

最新機種が使える

GoProのような高級ガジェットを買うと、新機種が出たときに自分の機種が型落ちしてしまうので損した気分になりますよね?

特にGoProの場合、1年ごとに新製品が出るので、せっかく大金を支払って買っても購入直後に高性能な新機種が登場してしまう、、、なんてこともあり得ます

一方、レンタルなら最新機種をローコストで利用できるので、常に最高の性能で撮影を楽しめます

必要な時だけ使えるので管理が不要

GoProを購入するとメンテナンスが必要になりますが、レンタルすればメンテナンスの手間を省けます

また、保管中にGoPro本体や付属品を紛失する心配もありません

あわせて読みたい
【安いのは?】2023年最新!おすすめの家具・家電レンタル ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は、家具や生活家電や高性能ガジェットをレンタルできるサービスを...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次