理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【買い切りは?】最新!Illustratorの料金と安く買う方法

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は、Illustrator(通称イラレ)の料金や買い切り版の有無について解説していきます

現時点でなるべく安く買う方法についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください

↓クラウドストレージ「Dropbox」を安く買う方法

あわせて読みたい
【最安値】Dropboxを安くお得に買う方法&料金の比較【Dropbox Plus】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 皆さんの中には「今まで無料版のDropboxを使ってきたが、容量が足りな...
クリックできる目次

Illustratorの料金は?

2022年現在、Adobe公式サイトでは以下の2つのプランが用意されています

  • Adobe Illustrator単体プラン
  • Adobe Creative Cloud コンプリートプラン

単体プランは文字通り「Illustratorだけが使えるプラン」です。「Illustratorは使いたいけど他のAdobeソフトは要らない!」という方は単体プランを購入するのがいいでしょう

逆に「Illustrator以外にも色んなAdobeソフトが使いたい!」という方におすすめなのが「Adobe Creative Cloud コンプリートプラン」、通称「Adobe CC」です

Adobe CC コンプリートプランは、20種類以上のAdobeソフトやAdobeが提供するフォントが使い放題になるプラン。IllustratorだけでなくPhotoshopやAcrobatなどの人気ソフトも使えるようになります

↓Adobe CCに含まれる人気ソフト(一部のみ)

  • Photoshop:プロにも人気の画像編集ソフト
  • Illustrator:高品質なイラスト・アートワークが作成できるソフト
  • Acrobat Pro:PDFファイルの編集、変換、保護ができるソフト
  • Premiere Pro:高機能な動画編集ソフト などなど

Illustrator単体プランとAdobe CC コンプリートプランの料金は以下の表のようになっています(公式サイトで購入した場合。割引非適用時。税込み価格)

Adobe公式サイト
(割引なし)
年間プラン
(月々払い)
年間プラン
(一括払い)
月々プラン
(月々払い)
Illustrator
単体プラン
2,728円/月28,776円/年
(2,398円/月に相当)
3,828円/月
Adobe CC
コンプリートプラン
6,480円/月72,336円/年
(6,028円/月に相当)
9,878円/月

いずれのプランもサブスクリプション方式となっており、年間プラン(月々払い・一括払い)と月々プランが用意されています。年間プランは一括払いで購入したほうが安いです

ちなみに、Adobe製ソフトの単体プランはどれもIllustratorの単体プランと同価格なので、3本以上のソフトを使うならAdobe CC コンプリートプランを購入したほうが安いです(後述する裏技を使えばもっと安くコンプリートプランを買えます)

なお、学生・教職員であればAdobe CCコンプリートプランを安く買うことが可能となっています

Adobe公式サイト
(学生・教職員)
年間プラン
(月々払い)
年間プラン
(一括払い)
月々プラン
(月々払い)
Illustrator
単体プラン
なしなしなし
Adobe CC
コンプリートプラン
1年目:1,980円/月
2年目以降:3,278円/月
1年目:23,760円/年
2年目以降:39,336円/年
なし

学生・教職員向け購入資格は以下の通りです(公式サイトより抜粋)

学割の購入資格を満たすには、13歳以上で、次のいずれかに在学している必要があります。
・大学、短大、専門学校(少なくとも2年間の全日制教育に相当する教育を要する資格を付与する公立または私立の教育機関)
・小学校、中学校、高等学校(全日制教育を施す公立または私立の教育機関)
 ※詳細はこちら

買い切り版はある?

以前のIllustratorには約10万円の買い切り版が存在しましたが、2022年現在、買い切り版(パッケージ版)は販売されていません

最後に発売された買い切り版「Illustrator Creative Suite 6 (CS6)」は2012年発売とかなり古く、現在は購入できない状況となっています(2014年6月にサポート終了)

Amazon等のECサイトではCS6の中古品が売られていますが、「シリアルキーが認証できない」などの理由で使用できないケースがほとんどです

もし仮に使用できたとしても、最新の機能が使えなかったり、セキュリティ上の欠陥を抱えていたりするので、CS6を使うのは避けたほうがいいかと思います(最新のmacOSでは起動すらできないとのこと)

Amazonで中古品を購入した人のレビューを見てみても酷い状況です↓

そもそもライセンスを中古で販売する行為はAdobeが禁止しているので、中古品はすべてライセンス違反品だと考えたほうがいいでしょう

というわけで、どうしても買い切りで画像編集ソフトを購入したいなら、Illustrator以外のソフトを利用する必要があります

本記事の最後にはAdobe Illustratorの代わりになりそうなソフトをいくつか掲載したので、そちらをご覧ください。

Illustratorをなるべく安く買う方法

先述した通り、Adobe製ソフトの単体プランはどれもIllustratorの単体プランと同価格なので、3本以上のソフトを使うならAdobe CC コンプリートプランを購入したほうが安いです

ただし「社会人が学生・教職員価格並みの超低価格で買う方法」が存在するため、社会人なら2本以上でAdobe CC コンプリートプランのほうが安くなります(詳細は後述)

学生・教職員

・Adobeソフトを1, 2本しか使わない → 単体プランを買うほうが安い

・Adobeソフトを3本以上使う → Adobe CC コンプリートプランを買うほうが安い

学生・教職員以外

・Adobeソフトを1本しか使わない → 単体プランを買うほうが安い

・Adobeソフトを2本以上使う → 公認スクールでAdobe CC コンプリートプランを買うほうが安い(詳細は後述)

ここからは、単体プランとAdobe CC コンプリートプランのそれぞれを安く買う方法について解説していきます

単体プランを安く買う方法

単体プランを安く買う方法として「Adobe公式サイトのセールを活用する」という方法があります

年に数回開催されるセールの時期に合わせて購入すれば、通常価格の3割引きで買うことも可能です

ただし、セールの時期は不定期なので、セールを逃さないよう、こまめに公式サイトをチェックする必要があります

Illustratorを安く手に入れる方法として、「Amazonで買う」という方法もあります

AmazonにはAdobe公式ストアが存在し、Adobe CCをはじめとした各種Adobe製品の正規品を購入可能です

大型の割引セールに合わせて購入すれば、Adobeの公式サイトで購入するよりも安く購入できます

Adobe CCを安く買う方法

Adobe CC コンプリートプランも、単体プランと同様にAdobe公式サイトやAmazonのセールを活用することで安く買うことが可能です

しかしながら、一般人でも学生・教職員価格並みの超低価格で買える”裏技”が存在します

その裏技とは「オンラインアカデミーの特別価格で買う」という方法です

Adobeでは「アドビ スクールパートナープログラム」と呼ばれるプログラムを導入しています。

このプログラムは、Adobe製品の使い方を教える教育機関・オンラインアカデミーを「Adobe公認のスクールパートナー」として認定するというもので、認定を受けた教育機関はAdobe製品を安く提供できるようになります

つまり、Adobe公認スクールに入会することでAdobe製品が安く買えるようになるわけです。価格は公式価格72,336円の約50%程度に設定されています

公認スクール料金特典
デジハリ39,980円Adobe CC 1年分
+動画講座 1か月
+課題添削 2か月
アドバンスクール39,980円Adobe CC 1年分
+講座 1年分(動画+一部テキスト)
たのまな39,980円Adobe CC 1年分
+動画講座 1か月
+サポート 3か月
(参考)Adobe公式72,336円Adobe CC 1年分

公認スクールで買えば、Adobe公式よりも圧倒的に安いにもかかわらず教材までついてきます。はっきり言って公認スクールを利用しない手はありません

公認スクールごとの違いや利用方法については別記事で解説してあるので、そちらをご参照ください↓

あわせて読みたい
【デメリットは?】最安!Adobe CCを安く買う方法 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はAdobe Creative Cloud(通称、Adobe CC)を公式サイトよりも安く買...

代替ソフトを使うのもアリ

どうしても買い切りで購入したい場合には、Illustrator以外のソフトを検討してみてください

本記事では、買い切りで使えるソフトの中でも特に人気のものを紹介していこうと思います

なお、ここで紹介するのは、記事執筆時点で買い切り購入が可能だった製品です。予告なくサブスク方式に切り替わる可能性があるので、かならず公式サイトでご確認ください

AFFINITY Designer

Illustratorの代替ソフトとして人気なのが「AFFINITY Designer」です

有料ですが、6,100円(買い切り)で買えるのでIllustratorよりもかなり安いです

安いからといって機能が乏しいなんてことはなく、Illustratorに匹敵する機能を備えています

ソフト名AFFINITY Designer
料金6100円(買い切り)
無料お試し版10日間(機能の制限なし)
対応デバイスWindows
macOS
iPadOS
iOS
公式サイトAFFINITY Designer公式サイト

Inkscape

フリーソフトをお探しの場合には「Inkscape」を使うといいでしょう

他社製の無料ソフトに比べて利用者が非常に多いため、Inkscapeの解説はネットにたくさん出回っていますし、解説書もそれなりに売られています

初心者でも気軽に使えるのは嬉しいポイントですよね

ただし、IllustratorやAFFINITY Designerに機能面・安定性で劣るとの声もチラホラ聞きます

ソフト名Inkscape(インクスケープ)
料金無料
無料お試し版すべての機能が完全無料
対応デバイスWindows
macOS
Linux
公式サイトInkscape公式サイト

代替ソフトにはデメリットも

この記事では、Illustratorの代わりに使えるソフトとして「」と「」を紹介しましたが、Illustratorに比べると利用者が少ないです

特に、デザイン系の仕事ではIllustratorが圧倒的に主流なので、クリエイティブ系の仕事を目指すのであればIllustratorを使えるようになっておいたほうが有利かと思います

代替ソフトで慣れてしまうとAdobe系のソフトに乗り換える際に戸惑うことがあるかもしれません

↓Adobe CCを安く買う方法

あわせて読みたい
【デメリットは?】最安!Adobe CCを安く買う方法 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はAdobe Creative Cloud(通称、Adobe CC)を公式サイトよりも安く買...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次