ガジェット

どんな人にオススメ?超格安スマホXperia Ace IIの評判とスペック・特徴

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

先日ドコモから発売されたXperia Ace II。発売直後のBCN売上ランキングでは1位を獲得するなど、かなり好調に売れているようです

一方で、価格.com等でレビューを見てみると「使い物にならない」「買って損した」といった”酷評”も少なからず見受けられます

この記事では「Xperia Ace IIとはどんな機種なのか」「評価が割れているのは何故なのか」について解説・考察して上で「どんな人が買うべきなのか」を説明していきます

Xperia Ace IIとは?

Xperia Ace II(読み方:エクスペリア エース マークツー)とは、2021年5月28日にdocomoから発売されたSONYのスマートフォン。

性能を控えめにする代わりに、22000円という超低価格を実現したことで話題となりました

デザインに関しては、Xperiaシリーズとしては珍しい水滴型ノッチを採用。アスペクト比も他のXperiaで見られるような16:9の縦長ではなく、一般的なスマホに近い縦横比となっています

Xperia Ace IIの基本スペックは以下の通りです

Xperia Ace II (SO-41B)
ディスプレイ約5.5インチ HD+(液晶)
CPUHelio P35
RAM4GB
ROM64GB
アウトカメラ約1300万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4500mAh
生体認証指紋認証
大きさ約140(高さ) × 67(幅) × 9.3(厚み)mm
重さ154g
5G非対応
防水防塵 IPX5/8 IP6X
おサイフケータイ FeliCa
ワンセグ×
ワイヤレス充電×
イヤホンジャック(3.5mmオーディオジャック)
カラーホワイト・ブラック・ブルー
価格22000円
キャリアdocomoのみ

なおドコモで購入した場合、付属品は一切ありませんので注意してください

処理性能について

冒頭で酷評が多いと言いましたが、主な原因は「処理性能の低さ」にあります

まず、RAMは4GBと最近のスマホとしてはかなり控えめ。(ちなみにXperia 1 Ⅲは12GB、Xperia 10 Ⅲは6GB)

また、搭載されているCPUはHelio P35というエントリーモデル向けのもので、2年前発売の旧モデル・Xperia Aceよりも低性能とも言われています。(Helio P35はSnapdragonでいうと625くらい)

以上のようにRAMが控えめな上にCPUの性能があまり良くないため、動作に関しては正直微妙な感じになっちゃってます

分かりやすく表現すると「サクサク動きはしないが、使えなくはない」という感じです

なお、ゲーム使用時のカクつき等は文章では表現しづらいので、気になる方はYouTubeで確認することをオススメします(↓の動画が参考になるかと思います)

酷評が多い件について

各種レビューサイトを見てみると、Xperia Ace IIの性能に対して怒りを顕にした厳しい意見が多数見受けられます。価格.comでの評価は3.43(執筆時点)と決して良いとは言えません

しかしドコモとソニーから言わせてみれば、Xperia Ace IIという機種は「Webサイトにレビューを書き込めるようなスマホ上級者」をターゲットにしているわけではないわけです

ドコモのサイトを見れば分かるように、Xperia Ace IIは初めてスマホを購入する人を意図して作られた端末。

今まで”普通の”スマホを使っていた人が乗り換えることは恐らく想定しておらず、むしろガラケーやらくらくスマホからの乗り換え需要を見込んで出したのだと思います。

レビューサイトで酷評が多くなってしまったのは、本来買うべきでない人にも結構売れてしまった結果だと言えそうです

せめてXperiaブランドを使用しなければ、こんな事態にはならなかったと思います(それだと売れないのかな?)

なお、初期に見られたカメラとSDカード関連の不具合はアップデートで解消済みなので、今後の評価はマシにはなるはずです

こんな人にオススメ

先程「Xperia Ace IIは買うべきでない人にも売れちゃった」といいました。

では逆に、Xperia Ace IIを買うべき人とは一体どんな人なのでしょうか?

僕なりに考えてみたので紹介したいと思います

性能を気にしない方

スマホが好きな人には到底理解し難いかもしれませんが、日本人の中には「最低限使えれば高い性能は要らない」と考える人が多くいるようです

実際、僕の周りでも「スマホメーカーがカメラに力を入れている理由が分からない」「基本的なアプリさえ使えれば問題ないから安くしてほしい」といった声はよく聞きます

このようなライトユーザーにとって22000円という超低価格で買えるXperia Ace IIは良い選択肢になりうると思います

日本向け機能を重視する方

Xperia Ace IIは低性能ではありますが、意外な機能が多数搭載されています

例えば、廃止するメーカーが増えているイヤホンジャックもちゃんと付いてますし、MicroSDカードにも対応してます

多くの日本人が重視するおサイフケータイも使用可能です

バッテリーも4500mAhとかなりの大容量で、防水防塵機能まで付いてます

このようにスペックは低いながらも、押さえるべきところは意外と押さえてあるというのがXperia Ace IIの魅力の1つだと思います

サブ端末として利用

メイン端末としてガンガン使うには心許ないスペックですが、2台目、3台目として使うには十分なのではないでしょうか?

例えばプライベートで使用するゲームアプリやら動画アプリやらをインストールしたメインスマホの他に、仕事用の必要最低限のアプリのみを入れた端末を所持したいという方も一定数いらっしゃると思います。

そういう人がサブ端末として使うにはアリだと思います。

まとめ

今回はドコモから発売されている格安スマホ・Xperia Ace IIを紹介しました

マイナス評価のレビューも多いですが、結局は「性能を気にする人が安い製品を買うと幸せになれない」ということに尽きると思います

Xperiaらしさは全くありませんが、価格重視の人にとっては悪くない機種だと思います。ドコモユーザーorドコモに乗り換える予定のある方は検討してみては如何でしょうか?

ちなみに僕は新技術とか性能とかに拘る人間なのでXperia 1 Ⅲを買う予定です(金銭的にはキツイですが…)

以上、東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)でした!

参考サイト:ドコモ公式サイト

学生
西片(にしかた)
ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。本ブログの管理人&理系東大生の西片です。受験やガジェットを中心に興味のあることを書いてきます。
【略歴】田舎の公立中高→塾に行かずに東大理系に現役合格→2020年11月から本ブログの運営開始
\ Follow me /