受験・学習

【高校講座】進研ゼミで難関大学合格は可能?東大生が解説!【評判も】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は塾なしで東大に現役合格した僕が、通信教育の最大手「進研ゼミ」について解説していきます

↓勉強関連の記事はコチラ

↓今なら無料で資料請求できます

進研ゼミ公式サイト

↓Z会との比較

↓中学生以前はコチラ

進研ゼミ 高校講座とは?

「進研ゼミ 高校講座」とは、教育業界最大手の「ベネッセ」が運営する通信教育のこと。

ベネッセと聞くと低学年向けキャラクターの「しまじろう」や「コラショ」のイメージが強いかもしれませんが、中学生・高校生向けの講座も充実しています

高校生向け通信教育の大手として「Z会」を思い浮かべた方もいるかもしれません

「Z会」は東大・京大といった超難関大学を目指す人向けのサービスですが、「進研ゼミ」は基礎力を固めること・応用問題に取り組むための下準備をすることを重要視しています

難易度としては共通テストで出題されるような比較的簡単な問題がほとんどです(最近の共通テストは難しくなってきてますけどね…)

進研ゼミでは急に難しい問題が出てきたりはしないので、勉強に苦手意識がある人でもとっつきやすい内容になっていると思います

解説の内容も初心者・中級者向けって感じです。一から丁寧に解説してくれるので、苦手な教科でもつまずくことなく取り組めると思います

進研ゼミ公式サイト

逆に勉強が大好きで仕方がない、難問をガンガン解きたいという方には向かないかもしれません。そういう人はZ会に申し込みましょう

Z会公式サイト

進研ゼミ 高校講座のコース・学習スタイル

進研ゼミは高校二年生までは英語、数学、国語の3教科がメインで、高校三年生からは大学入試を見据えた本格的な講座が始まります

学年コース
高校一年生
高校二年生
英・数・国の3教科から1~3教科選択
※3教科選択すると理・社も付属
高校三年生
大学受験生(浪人など)
共通テスト対策
+オプションで志望大別対策(1~8教科)

基本的にはテキストを使って勉強することになるのですが、2021年度からは追加料金なしで「ライブ授業」や「オンライン自習室」が利用できるようになりました

ライブ授業・提携塾の講師や専属の講師がオンラインで授業してくれる
・チャットで個別に質問できる
・レベルや志望大学に応じた授業も開講される
オンライン自習室・分からない部分をチューターが即座に回答してくれる

ライブ授業ではチャットで質問することも可能なので、疑問点をその場で解決できます

従来の通信教育は「他の人に質問しづらい」のが難点でしたが、ライブ授業やオンライン自習室の導入により、弱点を見事に克服してきました(さすが業界最大手という感じです)

ライブ授業の詳細については以下の動画をご覧ください。

オンライン自習室も便利。チャットを通じて気軽に質問できるのはオンラインならではの利点ですよね

※ライブ授業のサービス内容は学年によって異なります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

進研ゼミ公式サイト

進研ゼミの料金

やはり通信教育を選ぶにあたっては料金も気になりますよね

進研ゼミ高校講座の料金(4月入会の場合)は以下のようになっています(下の表は横スクロール可能です)

料金(税込み、12か月分一括払い)
※支払い方法や申し込み年度によって変動します
高校1年生・1教科:6,180円/月
・2教科:8,180円/月
・3教科:9,180円/月(3教科を選択すると理・社も付属)
高校2年生・1教科:6,380円/月
・2教科:8,380円/月
・3教科:9,380円/月(3教科を選択すると理・社も付属)
高校3年生・共通テスト対策講座:9,710円/月(5教科16科目の対策ができる)
・志望大別個別試験対策:1教科あたり +1,150円/月

どの学年でも必要な教科のテキストだけを取り寄せることができます

「苦手な教科だけ申し込む」といったことが可能なのは嬉しいですよね

学年が上がると月額料金も上がりますが、それでも塾や予備校よりは圧倒的に安いです

また、高校生向けの参考書・問題集の値段が数千円程度であることを考慮すると、進研ゼミが如何に安いかお分かりいただけると思います

なお、入会金や再入会金は0円で送料が別途請求されることもありません

難関大合格は可能?

では、「進研ゼミで難関大学に合格できるのか」という話になるのですが、僕的には「できる」と言っていいと思います

というのも、進研ゼミを受講して難関大に合格した人はかなり多いからです

↓2021年度における進研ゼミの合格実績(現役生のみ)は以下の通り。

東大・京大166
旧帝大
(北海道大、東北大、東京大、名古屋大、
京都大、大阪大、九州大)
811
早慶上理
(早稲田大、慶應義塾大、
上智大、東京理科大)
1054
MARCHG
(明治大、青山学院大、立教大、
中央大、法政大、学習院大)
2541
関関同立
(関西大、関西学院大、
同志社大、立命館大)
2273
日東駒専
(日本大、東洋大、駒澤大、専修大)
2087

「MARCHG」や「関関同立」、「日東駒専」の合格者は2千人超え。これらの大学を狙っている方は進研ゼミで基礎固めするのがいいでしょう

また、東大や京大をはじめとする難関大学にも一定数合格しています

ただし、Z会に比べると難関大学の合格者は少ない印象を受けます。

旧帝大のような一流大学を目指す場合、苦手科目は進研ゼミでも十分かもしれませんが、得意科目・得点源にしたい科目はZ会や参考書で対応するのが賢明です

進研ゼミ公式サイト

Z会公式サイト

このブログでは東大受験生・難関大受験生向けにオススメの参考書を紹介しているので、興味のある方はのぞいてみてください↓

参考書・問題集の記事一覧

進研ゼミ高校講座の評判は良い?悪い?

最後に進研ゼミ高校講座の評判・口コミ(要約)についてまとめておきます

肯定的な評判・口コミ

まずは進研ゼミ高校講座に対する肯定的な評判・口コミを紹介します

  • 自分のペースで勉強できるのが良かった。部活やクラブで忙しい人でも取り組みやすい。
  • 塾だと分からないところを残したまま先に進んでしまうことがあるが、進研ゼミだと繰り返し勉強することができる。ネットで質問できるのもいい。
  • 教材が分かりやすい。図やイラストが多く理解しやすい内容となっている。
  • 塾に比べて圧倒的に安い。教科ごとに課金するシステムなので必要最低限の出費で済んだ

「好きなタイミングで勉強できる」「コスパが良い」「教材が分かりやすい」といった口コミ・評判が多かったです。

否定的な評判・口コミ

一方で否定的な評判・口コミも見受けられました

  • 定期試験の勉強には最適だが、難問は少ないため難関大学の二次試験には向かない。参考書を別途購入する必要があると思う。
  • 塾や予備校よりは圧倒的に安いものの、もう少し安いと嬉しかった。
  • 勉強に関する質問はすぐに返ってくるけどサポートの電話はつながりにくい。

「難関大の受験対策には不十分」という口コミ・評判が特に多かったです。

確かに東大や京大といった超難関大学を受けるには進研ゼミだけだと厳しい可能性があります

実際に受講してみて自分のレベルに合わないと感じた場合には、Z会など他の通信教育へ乗り換えるのもアリでしょう