ガジェット・家電

【完全分離】最新!デタッチャブル型のタブレットPC【セパレート】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回はデタッチャブル型のタブレットPCのオススメ機種を紹介していこうと思います

【最終更新:2022年1月26日 公開:2022年1月26日】

デタッチャブル型とは?

デタッチャブル型は、いわゆる「2in1」タイプのノートパソコンの1種です

2in1というのは、「ノートパソコンとしても使えるしタブレットとしても使える端末」のことを指します

「手書きがしたいからタブレットが欲しいけどノートパソコンとタブレットの両方を買うのは金銭的にキツイ」「ノートパソコンもタブレットも持ち歩くのは重いから避けたい」といった方にオススメです

2in1は主に「コンバーチブル型」と「デタッチャブル型」の2種類に大別されます。

コンバーチブル型

コンバーチブル型は、ディスプレイ部分とキーボード部分が分離しないタイプの2in1です。

普通のノートパソコンとの違いは「ディスプレイ部分の可動範囲が広い点」で、ディスプレイの部分を360度回転させることでタブレットみたいに使用できます(↑の画像参照)

モノによってはノートパソコン(約90度回転)とタブレットモード(360度回転)の中間にあたる「テントモード」が使える機種もあります。モバイルモニターみたいに使用できるので、ゲームや動画視聴に向いています

なお、コンバーチブル型は一般的にディスプレイを360度動かせますが、中には180度までしか回転しない機種も存在するので注意してください(2021年版のVAIO SX14など)

デタッチャブル型(セパレートタイプ)

一方の「デタッチャブル型」はディスプレイ部分とキーボード部分を完全に分離できるタイプの2in1です(↑こんな感じ)

コンバーチブル型でタブレットモードを使う場合にはキーボードが付いたままなので重たいですが、デタッチャブル型のはキーボードを切り離せるため、普通のタブレットとして持ち運ぶことができます

パソコンを動かすのに必要なCPUやらストレージやらが、全て上半分にのみ詰まっているので、コンバーチブル型に比べて性能が低いものが多いです

しかしながら、デタッチャブル型の中にも高性能なものも存在するので、本記事では代表的な機種をいくつか取り上げていこうと思います

オススメのデタッチャブル型タブレットPC

Chromebook Detachable CM3

安くてそこそこ使えるデタッチャブル型ノートパソコンが欲しいならASUSの「Chromebook Detachable CM3」がオススメ。

記事執筆時点の価格は驚異の3万円台。普通のタブレットですら、ここまで安い機種は少ないと思います

CPUはエントリー向けの「MediaTek MT8183」で、メモリも4GBと性能は控えめ。

しかしながら、動作が軽いことで有名なOS「Chrome OS」を搭載しているので、普段使いで困ることはないと思います

逆に、学校や仕事でバリバリ使いたい人はWindows搭載のノートパソコンを買った方がいいと思います

機種名Chromebook Detachable CM3
タイプデタッチャブル型
OSChrome OS
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
255.44x
7.9x
167.2 mm
画面サイズ10.5インチ
重量506g
ストレージ128GB
メモリ4GB
CPUMediaTek MT8183
タッチ操作・ペン対応
詳細ASUS公式サイト

購入はASUS公式ストアがおすすめです

Surface Pro 8

人気のデタッチャブル型ノートパソコンとして、Microsoftの「Surface Pro 8」が挙げられます

デタッチャブル型は低スペックな製品が多いのですが、Surface Pro 8は高性能CPU・Core i7が選択可能です

キーボードを装着してノートPCとして使ったり、ペンと連携させて学習用のタブレットとして使ったり、キックスタンドで自立させてモニターとして使ったり、、、と様々な利用方法が考えられます

ノートパソコンとしては珍しい「10MP 4K」のリアカメラを搭載しているのも魅力的です

機種名Surface Pro 8
タイプデタッチャブル型
OSWindows
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
287
×208
×9.3mm
画面サイズ13インチ
重量891g
ストレージ512GB/1TB
メモリ8GB/16GB/32GB
CPUCore i7/Core i5
タッチ操作・ペン対応

VAIO A12

少し古い機種ですが、2018年11月発売の「VAIO A12」もオススメです

VAIO SX14がコンバーチブル型だったのに対し、VAIO A12はデタッチャブル型なので、タブレット単体で使用できます

専用のデジタイザースタイラス(ペン)は、ペンタブで有名なワコム製で4096段階の筆圧検知に対応。イラスト用としても十分な性能を備えています

機種名VAIO A12
タイプデタッチャブル型
OSWindows
画面サイズ12.5インチ
重量約1.099kg~
ストレージ128GB~2TB
※公式ストアでカスタマイズ可能
メモリ8GB/16GB/32GB
※公式ストアでカスタマイズ可能
CPUCore i7/Core i5/Core i3/Celeron
※公式ストアでカスタマイズ可能
インターフェイスUSB Type-C:1つ
USB Type-A:3つ
HDMI:1つ
VGA:1つ
LAN:1つ
SDカードスロット:1つ
ヘッドホン端子:1つ
タッチ操作・ペン対応
詳細VAIO公式サイト

そのほかのVAIOについては以下の記事を参考にしてください

MousePro-P101A0

先ほど3万円台の「Chromebook Detachable CM3」を紹介しましたが、「MousePro-P101A0」ならもっと安く買えます

2021年10月にマウスコンピューターから発売されたこちらの製品は、Windows搭載機としては驚異の約2万円で購入可能です(記事執筆時点、直販サイト)

高価格の機種に比べてスペックは貧弱ですが、Windowsも搭載しているので、軽くWordやPowerPointを使ったり、ブラウジングを楽しんだりする分には使える機種かと思います

機種名MousePro-P101A0
タイプデタッチャブル型
OSWindows
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
279.5x
31.2x
200 mm
画面サイズ10.1インチ
重量980g
ストレージ64GB
メモリ4GB
CPUIntel Celeron N4000
タッチ操作・ペン対応

arrows Tab WQ2/F3

防水防塵性能で選ぶなら富士通クライアントコンピューティングから発売されている日本製2in1PC「arrows Tab WQ2/F3」がオススメ

こちらの製品は「IPX8」の防水性能と「IP5X」の防塵性能を備えており、屋外での作業に最適です。教育向けモデルをベースに作ってあるので耐衝撃性にも優れています

OSは最新のWindows11を搭載。キーボード(オプション)を装着することで、パソコンとしても使うことも可能となっています

製品名arrows Tab WQ2/F3
メーカー富士通クライアントコンピューティング
画面サイズ10.1インチ
SoCインテル Celeron N4500 /
インテル Celeron N5100
RAM4GB / 8GB
ROM64GB /128GB / 256GB
SDカードmicroSDカード
microSDHCカード
microSDXCカード
イヤホンジャックあり(1つ)
防水IPX5/IPX7/IPX8
ワンセグ・フルセグ×
専用ペンあり
OSWindows 11 Pro 64ビット版
詳細富士通公式サイト

「arrows Tab WQ2/F3」は富士通の公式ストア「富士通WEB MART」から購入可能です