受験・学習

【2022年最新】audibleとaudiobook.jpを徹底比較してみる

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は人気のオーディオブックサービス「audible」と「audiobook.jp」を様々な観点から比較していこうと思います

↓聴き放題ありのオーディオブックサービスはコチラ↓

オーディオブックサービスとは?

オーディオブックを知らない人のために、「オーディオブックとは何か?」について軽く説明しておきます

「もう知ってるよ!」という方は読み飛ばしてください

オーディオブックとは「録音済みの朗読を耳で聴くことのできるサービス」のこと。プロのナレーターが朗読した本の内容を、音楽のように聴けちゃうサービスというわけです

日本だと、Amazonが運営する「audible(オーディブル)」と、株式会社オトバンクが運営する「audiobook.jp」が圧倒的シェアを誇っています

普通の読書と違い、目を使わないことから「家事をしながら聴ける」「目が痛くならない」「再生速度を変えることで速く読める(聴ける)」といった利点があります

オーディオブックサービスの中には、1冊ずつ購入して聴く「買い切り」タイプの他に、月額料金を払って対象書籍を好きなだけ聴ける「聴き放題」があります

買い切りタイプは最近の書籍も購入できるのが特徴ですが、価格はちょっと高めです

一方の聴き放題は、本来1冊数千円するような本を格安で聴きまくることができる「夢のようなサービス」ですが、人気の書籍が対象外なんてこともあります

audiobook.jpの基本情報

日本のオーディオブックは「audiobook.jp(オーディオブック ドット ジェイピー)」なしには語れません

audiobook.jpは、「株式会社オトバンク」が運営する老舗のオーディオブックサービス。

日本語の書籍の取り扱い数では国内トップな上、料金に関しても競合他社と比べて安めです

audiobook.jpの最大の特徴は、聴き放題プランのコスパがハンパないこと。月額750円(年割プランはもっとオトク)を払えば対象タイトル1万冊以上が聴き放題になります(しかも今なら30日間無料です)

日本語の書籍を聴くならaudiobook.jpを選んでおけば間違いないと思います

なお、聴き放題だけでなく、単体でオーディオブックを購入することも可能です

サービス名audiobook.jp
(オーディオブック ドット ジェイピー)
対応デバイスAndroid
iOS
ダウンロードしてPCや音楽プレーヤーで聴くことも可能(買い切りのみ)
プラン聴き放題(月額プラン):750円/月
聴き放題(年割プラン):625円/月
※この他に月額会員プランあり
取り扱い数23,000以上
スピード調整可能
無料お試し期間30日間
公式サイトaudiobook.jp公式サイト

詳細はコチラ↓

audibleの基本情報

audible」というのは、Amazonが運営するオーディオブックサービス。大手のサービスなので、広告等で見聞きしたことのある方も多いかもしれません

取り扱いタイトルは「40万以上」とラインナップが豊富なのが特徴です

以前はコイン制と呼ばれる仕組みを導入していたのですが、2022年1月27日以降はaudiobook.jpと同じ聴き放題に移行しました。

↓取り扱いタイトルは公式サイトで確認できます

audible公式サイト

サービス名audible
対応デバイスAndroid
iOS
Windows
※ブラウザ版あり
プラン1500円/月
取り扱い数40万以上(海外のオーディオブック含む)
日本語の取り扱い数:1万冊以上
スピード調整可能
無料お試し期間30日間
公式サイトaudible公式サイト

項目別の比較

では、各サービスの概要が分かったところで、audibleとaudiobook.jpを項目別に比較をしていきたいと思います

料金の比較

サービス名月額料金
audiobook.jp聴き放題(月額プラン):750円/月
聴き放題(年割プラン):625円/月
※この他に月額会員プランあり
audible1500円

まずは月額料金の比較から。audiobook.jpの月額料金は、聴き放題の月額プランが750円、聴き放題の年額プランが625円/月となっています。

1000円以下で聴き放題が利用できるのは非常に魅力的です

一方のaudibleは月額料金1500円と少し高めの料金設定となっています

1500円/月というのはaudiobook.jpの2倍以上に相当。はじめてオーディオブックを利用する方にとっては敷居が高く感じるかもしれません

「試しに聴き放題を利用してみたい!」という方にはaudiobook.jpがオススメです

audiobook.jp公式サイト

audible公式サイト

取り扱い数・ラインナップ

サービス名取り扱い数・ラインナップ
audiobook.jp23,000以上
audible40万以上(海外のオーディオブック含む)
日本語の取り扱い数:約10,000

つづいては各サービスのラインナップを比較。

記事執筆時点(2022年2月)の時点での取り扱い数は、audiobook.jpが23,000以上、audibleが40万以上となっています

これを聞いて「月額料金は高いけど、ラインナップが圧倒的なaudibleのほうが良さそう」と思うのは早計です。というのも、audibleの取り扱い数には英語など日本語以外のタイトルが含まれるからです

海外のオーディオブックを含めると圧勝しているaudibleですが、日本語のタイトルは1万冊しかないとのこと。

日本語でオーディオブックを楽しむならaudiobook.jpを、海外のタイトルも聴きたいならaudibleを利用するのがよさそうです

audiobook.jp公式サイト

audible公式サイト

結論。どっちを利用するべき?

今回はaudibleaudiobook.jpを比較しました

少し前までは「audiobook.jpの圧勝」という感じでしたが、2022年にaudibleの聴き放題が始まって以来はaudibleも悪くないと思える状況になってきました

海外作品を含めたラインナップはaudibleが圧倒的なので、日本語の書籍に限らず色んな作品を聴きたいという場合にはaudibleを利用しましょう

一方、audiobook.jpは「月額料金」や「日本の書籍のラインナップ」で勝っています

海外の書籍を聞かない人、コスパを重視する人にはaudiobook.jpがオススメです

両者とも無料のお試し期間が設けられているので、気になる方は迷わず使ってみるのが良いかと思います

audiobook.jp公式サイト

audible公式サイト