副業・節約

完全無料も!聴き放題ありのオーディオブックおすすめ

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

耳のスキマ時間を活用する方法として注目を集める「オーディオブックサービス」

「他のことをしながら本を楽しめる」「目が疲れない」といった利点があり、人気が高まっています

今回は数あるオーディオブックサービスの中から聴き放題ありのサービスをピックアップして紹介していこうと思います

オーディオブックサービスとは?

オーディオブックを知らない人のために、「オーディオブックとは何か?」について軽く説明しておきます

「もう知ってるよ!」という方は読み飛ばしてください

オーディオブックとは「録音済みの朗読を耳で聴くことのできるサービス」のこと。

プロのナレーターが朗読した本の内容を、音楽のように聴けちゃうというわけです

普通の読書と違い、目を使わないことから「家事をしながら聴ける」「目が痛くならない」「再生速度を変えることで速く読める(聴ける)」といった利点があります

オーディオブックサービスの中には、1冊ずつ購入して聴く「買い切り」タイプの他に、月額料金を払って対象書籍を好きなだけ聴ける「聴き放題」があります

この「聴き放題」が超オトクでして、本来1冊数千円するような本を格安で聴きまくることができる「夢のようなサービス」となっています

本記事では聴き放題が利用できるオーディオブックサービスの中でも特にオススメのものを紹介していきます

audiobook.jp

ラインナップが豊富!料金も安い!

個人的に1番オススメなのが「audiobook.jp(オーディオブック ドット ジェイピー)

audiobook.jpは、株式会社オトバンクが運営する老舗のオーディオブックサービス。

日本語の書籍の取り扱い数では国内トップな上、料金に関しても競合他社と比べて安めです

audiobook.jpの最大の特徴は、聴き放題プランのコスパがハンパないこと。月額750円(年割プランはもっとオトク)を払えば対象タイトル1万冊以上が聴き放題になります(しかも今なら30日間無料です)

日本語の書籍を聴くならaudiobook.jpを選んでおけば間違いないと思います

サービス名audiobook.jp
(オーディオブック ドット ジェイピー)
対応デバイスAndroid
iOS
ダウンロードしてPCや音楽プレーヤーで聴くことも可能(※)
プラン聴き放題(月額プラン):750円/月
聴き放題(年割プラン):625円/月
※この他に月額会員プランあり
取り扱い数23,000以上
スピード調整可能
無料お試し期間30日間
公式サイトaudiobook.jp公式サイト

※聴き放題のオーディオブックはMP3でのダウンロードに対応していません。

詳細はコチラ↓

flier

ビジネス書が聴ける&読める!

続いて紹介するのは、ビジネス書に特化した「flier(フライヤー)

flierはビジネス書の要約が読み放題のサービス。話題のビジネス書が簡潔にまとめられているので、1冊10分程度でビジネストレンドをチェックできます

flierは音声にも対応していて1冊あたり約15分で内容を把握することが可能です

「本の要約を読める&聴ける」というのは、忙しいビジネスパーソンにとって最高のサービスといえるのではないでしょうか?

今なら10%オフで契約できるので、気になる方は公式サイトにアクセスしてみてください

サービス名flier(フライヤー)
対応デバイスAndroid
iOS
ブラウザ版あり
プランフリー:0円
シルバー:550円/月
ゴールド(無制限):2200円/月※現在は10%引きの1980円
取り扱い数2,300以上
スピード調整可能
無料お試し期間無料プランあり
公式サイトflier公式サイト

詳細はコチラ↓

青空朗読

著作権が切れた本を無料で聴き放題!

青空朗読」はすでに著作権が無効になった本を取り扱う電子図書館・青空文庫の音声版。

780タイトル以上が完全無料で聴きまくれます

青空文庫の文章にあわせて朗読を聴ける「音声同期Epub版」も非常に便利です

ただし著作権切れとなった本しか聴けないので、新しい本を聴きたい場合には別のサービスを利用するのが良いでしょう

サービス名青空朗読
対応デバイスAndroid
iOS
ブラウザ版もあり
プラン完全無料
取り扱い数約780(2021年9月時点)
スピード調整可能
無料お試し期間すべて無料
公式サイト青空朗読 公式サイト

LisBo

朗読以外も聴きまくれる!

LisBo(リスボ)」は大手出版社・新潮社の関連会社である「株式会社ピコハウス」が運営するオーディオブックサービス。

新潮文庫の朗読が聴けるほか、講演、法話、落語、講談など幅広いジャンルを取り扱っています

聴き放題プランは月1650円と若干高めに設定されていますが、独占配信されているコンテンツも多いです

さらに入会した月は無料で利用できます

サービス名LisBo(リスボ)
対応デバイスブラウザで再生
プラン1650円/月
取り扱い数不明
スピード調整可能
無料お試し期間入会月は無料
公式サイトLisBo公式サイト

ヒマラヤ

中国で人気の音声サービスが日本上陸!

「himalaya」は中国で6億人以上の登録者数を誇る総合音声プラットフォーム「喜马拉雅(シマラヤ)FM」の日本版。

小説やビジネス書の音声が聴けるだけでなく、数万にものぼる世界中のポッドキャスト番組も聴けちゃいます

聴き放題サービス「himalaya聴き放題」の料金は月額750円です

サービス名himalaya
対応デバイスAndroid
iOS
Windows
プランhimalaya聴き放題 :750円/月
取り扱い数不明
スピード調整可能
無料お試し期間30日間
公式サイトhimalaya公式サイト

Audibleの聴き放題は?

オーディオブックといえばAmazon傘下で世界最大手の「Audible」が有名かと思います。

取り扱いタイトル40万以上と品揃え豊富なのが特徴ですが、聴き放題プランは存在しません(記事執筆時点)

以前は聴き放題プランがあったのですが、現在は「コイン制 + ポッドキャスト聴き放題」に変更となっています

コイン制というのは「月額1500円でオーディオブック1冊と交換可能なコインがもらえる」という仕組みのこと。

簡単にいうと「毎月好きな本が1冊無料で聴ける」ということです

以前提供されていた聴き放題プランより対象タイトルが多いので「コイン制に変わってよかった!」というユーザーもいるようですが、たくさん聴きたい人にとっては”改悪”と言わざるを得ません

ただし、コイン制で聴いた本で満足できなかった場合には無料で交換・返品することも可能なため、実質的には追加料金なしで複数の本を聴くことができます

「無料で交換できるなら聴き放題と一緒じゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、交換しすぎると制限をかけられることがあるので注意してください(8冊くらいまでは大丈夫らしいですがオススメはできません)

聴き放題を利用したいなら素直に他のサービスを使うのが良いと思います

特にオススメなのは、、、

今回は聴き放題アリのオーディオブックサービスを紹介しました

個人的には「audiobook.jp」がオススメです。ラインナップが豊富な上に月額750円(年割プランだともっと安い)で聴き放題を利用できるのは「最強」といっても過言ではないでしょう

ビジネス書を聴くなら「flier」が最適解だと思います。聴けるだけでなく電子書籍として読むこともできるのが嬉しいポイントです

audiobook.jpflierで扱っていない本を聴きたい場合には、青空朗読やLisBo、himalayaを利用するのもアリかと思います

以上、東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)でした!

学生
西片(にしかた)
ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。本ブログの管理人&理系東大生の西片です。受験やガジェットを中心に興味のあることを書いてきます。

Twitterやってます→@nskt_yagokoro(基本的にフォロバします)

【略歴】田舎の公立中高→塾に行かずに東大理系に現役合格→学費、家賃、生活費を稼ぐためブログ開始→目標達成(詳細)

\ Follow me /