ガジェット

最新!高性能な中古スマホのおすすめ機種【Android・iPhone】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

本記事では、低価格ながらもシッカリ使える「中古スマホのオススメ機種」をいくつか紹介していきます

なお、中古スマホを購入する際には、品質管理のしっかりした信頼のおけるショップから買うことをオススメします(粗悪品ばかりの店も多いので)

個人的には中古スマホ大手の「イオシス」が一番だと思います

【最終更新:2021年10月17日 公開:2021年10月17日】

※本記事は随時更新していきます

中古スマホを選ぶ際のポイント

オススメの機種を紹介する前に、中古スマホを選ぶ際のポイントを解説していきます(興味のない方は読み飛ばしてください)

まず、ハイエンドを買うかローエンドを買うかですが、せっかく中古で安く買うなら、もともと安い機種ではなくハイエンドモデルを買うのが良いと思います(ハイエンドというのは、ざっくりいうと高性能なモデルのことです)

中には「古い機種はどれも性能悪いんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、最新のスマホであっても安いものは低性能ですし、逆に数年前のモデルでも当時高かった機種なら今でも十分高性能です

最近のスマホはマニアにしか分からないような部分しか進化していないので、ひと昔前のように「新しければ新しいほど高性能」というわけでもありません

そのため、2,3年前のハイエンドモデルを買うのが一番コスパが良いかと思います

iPhoneは古い機種でも割と高いままですが、Androidの場合は1, 2年経つと一気に中古価格が下がるので「Androidのハイエンド」が狙い目です

例えばAndroidを搭載したSONYのスマートフォン・Xperiaの場合、発売開始時の新品価格(ドコモ版)と1年半後の中古価格(イオシス、Aランク品)は↓のようになっています

  • Xperia 1Ⅱ(発売開始時):123,552円
  • Xperia 1Ⅱ(発売から1年半後):79,800円(Aランク品)
  • Xperia 10Ⅱ(発売開始時): 41,976円
  • Xperia 10Ⅱ(発売から1年半後):30,800円(Aランク品)

高性能モデルであるXperia1Ⅱは発売から1年半しかたっていないにも関わらず、4万円以上安くなっています(しかもAランク品)

こんな感じでせっかく中古で安く買うなら、発売当時1番高かったモデルを買うのがオトクかと思います

あとは高性能かどうかの基準として以下の3点をチェックしておけば完璧です

  • RAMは最低でも4GBは欲しい。この数値が大きいほど快適に動作する
  • CPUはSnapdragonの800番台(例えば Snapdragon 870)ならハイエンド(Androidの場合)。iPhoneは余程古くない限りどれもサクサク動く
  • ストレージが大きいと画像や動画をたくさん保存できる(microSDカードが使えるとなお良し)

オススメの機種・スペック(Android編)

ここからは中古のAndroidスマホの中でも特にオススメの機種を紹介していきます

Xperia 1

SONYのスマホブランドXperiaの中で最もオススメなのが「Xperia 1」

この機種はに発売開始となったハイエンドモデルで、ゲームもサクサク動く高性能ながらも中古だとかなりお安く買えます

SONYが作っているだけあって、数年前の機種とは思えないほど音質もカメラ性能も良好です

ただし、ディスプレイの縦横比が「21:9」とかなり縦長なので、違和感を感じる方もいるかもしれません

「イオシス」で価格を確認する

機種名Xperia 1
発売日2019/6/14
CPUSnapdragon 855
RAM6GB
ストレージ64GB / 128GB
microSD使用可
画面サイズ6.5インチ
重量178g
生体認証指紋認証

「イオシス」で価格を確認する

Galaxy S9

韓国サムスンのスマホブランド・GALAXYの中から選ぶなら「Galaxy S9」がオススメです

2018年の夏モデルですが、Snapdragon845を搭載しているため、動作がカクついたりすることは滅多にないと思います

顔認証、指紋認証、虹彩認証の3つの生体認証からお好きなものを選んで使えるのも魅力的です

「イオシス」で価格を確認する

機種名Galaxy S9
発売日2018/5/18
CPUSnapdragon 845
RAM4GB
ストレージ64GB
microSD使用可
画面サイズ5.8インチ
重量161g
生体認証指紋認証/顔認証/虹彩認証

「イオシス」で価格を確認する

AQUOS Zero 2

シャープが展開するスマホブランド・AQUOSの中で選ぶなら「AQUOS zero 2」がいいんじゃないでしょうか?

ゲーム用に開発されただけあって「Snapdragon855 + メモリ8GB」と超高性能のモデルとなっています

ストレージは256GBとかなりの大容量。画像や動画をたくさん保存したい方にオススメです(ただしmicroSDは使用不可)

2020年発売で比較的新しい機種ですが、中古価格2万円程度(記事執筆時点)でオトクに買えます

「イオシス」で価格を確認する

機種名AQUOS zero 2
発売日2020/3/13
CPUSnapdragon 855
RAM8GB
ストレージ256GB
microSD使用不可
画面サイズ6.4インチ
重量141g
生体認証指紋認証/顔認証

「イオシス」で価格を確認する

Xperia XZ3

「Xperia XZ3」は先ほど紹介した「Xperia 1」の1つ前のハイエンドモデル。

古いモデルながらも有機ELを搭載していて、色鮮やかなディスプレイでスマホライフを楽しむことができます

CPUは上で紹介したGALAXY S10と同じSnapdragon845を積んでいるので、性能面でも申し分ありません

「イオシス」で価格を確認する

機種名Xperia XZ3
発売日2018/11/9
CPUSnapdragon 845
RAM4GB
ストレージ64GB
microSD使用可
画面サイズ6.5インチ
重量193g
生体認証指紋認証

「イオシス」で価格を確認する

オススメの機種・スペック(iPhone編)

iPhoneは価格が下がりにくいため中古で買うのはあまりオススメしません。しかし「どうしてもiPhoneが使いたい!」という方もいらっしゃると思うので、本記事では比較的安いモデルを紹介していきます

なお、今日のマスク社会において指紋認証は必須といえる機能ですが、最近発売されたiPhoneのほとんどが顔認証しか使えないので注意してください(Appleはもっとユーザーのことを考えてほしい…)

iPhone SE 第2世代

「iPhone SE 第2世代」は2020年4月に発売開始となったコンパクトiPhone

画面サイズは4.7インチと他社製スマホと比べて大幅に小さいですが、代わりにiPhone特有のホームボタンを搭載。近年発売開始となったiPhoneとしては珍しく指紋認証に対応しています

また本体サイズがかなり小さいので、片手操作しやすいのも特徴的です

「イオシス」で価格を確認する

機種名iPhone SE 第2世代
発売日2020/4/24
RAM3GB(推定)
ストレージ64GB / 128GB / 256GB
microSD使用不可
画面サイズ4.7インチ
重量148g
生体認証指紋認証

「イオシス」で価格を確認する

iPhone XR

大画面で安いiPhoneが欲しいなら、インチディスプレイを搭載した「iPhone XR」がオススメ。

発売時期は2018年9月と少し古めですが、性能は十分です。よほど重い作業をしない限り快適に使えると思います

デュアルレンズカメラを搭載しているのも好印象。これ以前の機種と比べてカメラ性能がパワーアップしています

ただし、この機種は指紋認証に対応していないので注意してください(最近のiPhoneは基本的に顔認証のみです)

「イオシス」で価格を確認する

機種名iPhone XR
発売日2018/9/12
RAM3GB(推定)
ストレージ64GB / 128GB
microSD使用不可
画面サイズ6.1インチ
重量191g
生体認証顔認証

「イオシス」で価格を確認する

iPhone8

iPhone XRが高くて買えないという場合には「iPhone8」の購入をオススメします

かなり古い機種なのでバッテリーの劣化が多少心配ではありますが、名機と言われただけあって完成度は非常に高いです

最近のiPhoneには見られないホームボタンも搭載。指紋認証も使えます

「イオシス」で価格を確認する

機種名 iPhone8
発売日2017/9/22
ストレージ64GB / 128GB /256GB
microSD使用不可
画面サイズ4.7インチ
重量148g
生体認証指紋認証

「イオシス」で価格を確認する