ガジェット

Androidユーザーにオススメのスマホの保険・補償【徹底比較】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回はAndroidユーザーが利用可能なスマホ保険・補償サービスを紹介していきます

※少し長めの記事なので下の目次をご活用ください

スマホ保険の必要性・メリット

この記事をお読みの方の中には「保険料払ってまでスマホ保険に入るメリットってある?」とお考えの方もいるのではないでしょうか?

そこで、docomoの補償を例に挙げて「そもそもスマホの補償は必要か」について考えていきたいと思います(詳しい料金は後述)

まず、SAMSUNGのAndroidスマホ・Galaxy Note20 Ultra 5Gを、docomoの「ケータイ補償サービス」に登録していた場合、修理にかかる費用は以下の表のようになります(docomo公式サイトから引用)

修理内容未加入時加入時
ディスプレイ修理40,150円上限3,300円
基板修理62,480円上限3,300円
修理上限額126,280円上限3,300円

「ケータイ補償サービス」の保険料が月550~1,100円であることを考えると、補償サービスの威力がお分かりいただけると思います

上の例からも分かるように、1回でも故障・盗難に見舞われた場合には、保険・補償サービスに加入した方がオトクになるケースが多いです

特に「1つのスマホを長く使い続ける」という場合には故障のリスクが高くなります。頻繁にスマホを買い替えないという方は保険・補償に入っておくと得するかもしれません

また、10万円を超えるスマホを持っている方は、故障した時に受ける金銭的・精神的ダメージは計り知れないので、必ず補償に加入しておくようにしましょう

Androidユーザーにオススメのスマホ保証

では早速、Androidユーザーにオススメのスマホ保証を紹介していこうと思います(AppleCareやスマホ保険などiPhone限定の補償は除いてあるのでご安心を)

前提としてスマホの補償は、ドコモやauなどのキャリアが提供する補償と、それ以外の会社(保険会社やメーカーなど)が提供する補償の2つに大別されます

キャリアの補償サービスは基本的に機種変更時に加入するので手続きが楽なのですが「補償回数の上限が厳しい」「機種変更してから時間が経つと加入できなくなる」などハッキリ言って良質なサービスとはいえません

おそらく、この記事を読んでいる方のほとんどは「キャリア以外の補償」に加入することを考えていると思うので「キャリア以外の補償」を先に紹介していきます

【本記事で紹介する補償サービスの一覧】

キャリア以外の補償

スマホの保険証

個人的に一番オススメなのが、株式会社ギアが運営する補償サービス「スマホの保険証」

最近始まったサービスなので知名度こそ低いですが、「月900円で最大5台補償」「スマホ以外にもゲーム機、イヤホン等が対象」「いつでも加入できる」「場合によっては中古でもOK」など他社にはない魅力がたくさんあります

迷ったらとりあえず「スマホの保険証」に加入しておけば間違いないでしょう(ただしライトプランは微妙なのでスタンダードプラン推奨)

以下、「スマホの保険証」の詳細情報です(下の表は横スクロール可)

プラン名スタンダードプランライトプラン
保険料900円/月550円/月
自己負担額無料(年間100,000円まで補償)無料(年間50,000円まで補償)
対象機種キャリア問わず全機種
(AndroidもOK)
キャリア問わず全機種
(AndroidもOK)
補償台数主端末1台 + 副端末4台1台
補償回数の上限なし
※年間100,000円まで
なし
※年間100,000円まで

「スマホの保険証」の詳細については以下の記事にまとめてあります

モバイル保険

さくら少額短期ほけん株式会社が運営する「モバイル保険」もAndroidの補償に対応しています

モバイル保険のプランは非常にシンプル。月700円で3台まで補償できるプランのみが提供されています。

「スマホの保険証」のスタンダードプラン同様、年間10万円以下であれば自己負担0なのが嬉しいポイントです

追加費用なしで登録中の端末を変更できるのも魅力的。スマホを買い替えた際には、マイページから登録済みの端末を切り替えるだけで、新しい端末が補償対象になります

以下、「モバイル保険」の詳細情報です(下の表は横スクロール可)

サービス名モバイル保険
保険料700円/月(非課税)
自己負担額無料(年間100,000円まで補償)
対象機種キャリア問わず全機種
(国内販売品のみ。AndroidもOK)
補償台数主端末1台 + 副端末2台
補償回数の上限なし
※年間100,000円まで

モバイル補償

「モバイル補償」は株式会社MRGの補償サービス。

シンプル、スタンダード、プレミアムの3プランの中から自分に合ったプランを選ぶことができます

特にシンプルプランは月440円と業界屈指のお手頃価格です(ただし補償回数の上限と補償台数に注意)

プラン名シンプルコーススタンダードコースプレミアムコース
保険料440円/月(税込)660円/月(税込)880円/月(税込)
年間補償限度額5万円10万円10万円
対象機種キャリア問わず全機種
(AndroidもOK)
キャリア問わず全機種
(AndroidもOK)
キャリア問わず全機種
(AndroidもOK)
補償台数1台1台1台
補償回数の上限年3回年3回無制限

キャリアの補償

続いては大手3キャリアが展開する補償サービスを見ていきます

ケータイ補償サービス(ドコモ)

docomoでスマホを買ったユーザーは購入後14日間以内であれば「ケータイ補償サービス」に加入することができます

docomoで販売されている端末であれば、メーカー問わず補償対象となります。当たり前かもしれませんが、他のキャリアで買ったスマホは対象外です(ahamoはOK)

負担額だけで比較すれば大手3キャリアの中で1番良心的なサービスと言えそうです

サービス名ケータイ補償サービス(ドコモ)
保険料550~1,100円(税込)
※機種によって異なる
自己負担額上限3,300円(税込)
対象機種ドコモから譲渡、貸与、拾得されたスマホ
補償台数1台
補償回数の上限1年に1回まで

故障紛失サポート(au)

auユーザーはスマホ購入時に限り「故障紛失サポート」に加入できます

補償回数の上限は「2年間で1回まで」と他のキャリアに比べて少なめです

サービス名故障紛失サポート(au)
保険料693~726円(税込)
※4G、5Gスマホの場合
自己負担額1回目:上限5,500円(税込)
2回目:上限8,800円(税込)
対象機種auで購入したスマホ
(購入時のみ加入可能)
補償台数1台
補償回数の上限2年に1回まで

あんしん保証パックプラス(ソフトバンク)

ソフトバンクユーザーはスマホ購入時に限り「あんしん保証パックプラス」に加入できます

保険料は一律715円です

サービス名あんしん保証パックプラス
(ソフトバンク)
保険料715円(税込)
自己負担額上限5,500円(税込)
対象機種ソフトバンクで購入したスマホ
(購入時のみ加入可能)
補償台数1台
補償回数の上限前回の利用から6ヶ月間は保証サービスが受けられない

目的別のオススメ・比較表

続いては上記6社のサービスを項目ごとに比較していこうと思います

月額料金で選ぶなら、、、

月額料金
スマホの保険証ライトプラン:550円(非課税)
スタンダードプラン:900円(非課税)
モバイル保険700円(非課税)
モバイル補償シンプルコース:440円(税込)
スタンダードコース:660円(税込)
プレミアムコース:880円(税込)
ケータイ補償サービス
(ドコモ)
550~1,100円(税込)
※機種によって異なる
故障紛失サポート
(au)
693~726円(税込)
※4G、5Gスマホの場合
あんしん保証パックプラス
(ソフトバンク)
715円(税込)

月額料金だけ見ると大手3キャリアの補償も悪くないように思えます

しかし、キャリアの補償は「対象となるのは1台のみ」「補償回数の上限が厳しい」「対象端末が限られる」などデメリットが多く存在する点に注意してください

また、docomoとauは機種によって月額料金が異なります。特に最新機種は保険料が高くなりがちです

補償回数で選ぶなら、、、

補償回数
スマホの保険証上限金額を超えない限り何度でも
モバイル保険上限金額を超えない限り何度でも
モバイル補償シンプルコースとスタンダードコースは年3回
金額に上限あり
ケータイ補償サービス(ドコモ)1年で2回まで
故障紛失サポート(au)2年で2回まで
あんしん保証パックプラス(ソフトバンク)前回の利用から6ヶ月間は保証サービスが受けられない

補償回数で選ぶなら「スマホの保険証」か「モバイル保険」の2択です。

両者とも上限金額を超えない限り、回数無制限となっています

補償台数で選ぶなら、、、

補償台数
スマホの保険証最大5台(スタンダードプラン)
モバイル保険最大3台
モバイル補償1台
ケータイ補償サービス(ドコモ)1台
故障紛失サポート(au)1台
あんしん保証パックプラス(ソフトバンク)1台

補償台数で選ぶなら「スマホの保険証」か「モバイル保険」の2択です。

この2社はスマホ以外の保証にも対応しているので、スマホを1台しか持っていない方にもおすすめです。

また、場合によっては家族の端末も補償対象となります

スマホ以外もイケる?

対象機種
スマホの保険証スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機など
通信機器全般が対象
モバイル保険スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機など
通信機器全般が対象
モバイル補償スマホ、タブレット、携帯音楽プレーヤー、モバイルルーター
※スマートウォッチ、ゲーム機は対象外
ケータイ補償サービス
(ドコモ)
ドコモのスマホ・ケータイのみ
故障紛失サポート
(au)
auのスマホ・ケータイのみ
あんしん保証パックプラス
(ソフトバンク)
ソフトバンクのスマホ・ケータイのみ

「スマホの保険証」か「モバイル保険」の2社はWiFi・Bluetoothに繋がる機器なら基本的に保証対象となります

「モバイル補償」はスマホ以外にもタブレットや携帯音楽プレーヤー、モバイルルーターが対象ですが、スマートウォッチ、ゲーム機は対象外です

加入可能な期間は?

加入可能期間
スマホの保険証(壊れていなければ)いつでも
モバイル保険購入から1年以内
※1年以上でもメーカーやキャリアの補償サービスに加入していて、
モバイル保険のサービスが受けられる状態にある場合には加入可能
モバイル補償記載なし
ケータイ補償サービス(ドコモ)購入後14日以内
故障紛失サポート(au)購入時のみ
あんしん保証パックプラス(ソフトバンク)購入時のみ

結論・まとめ

今回の内容をまとめると↓こんな感じです

以上、東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)でした!

学生
西片(にしかた)
ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。本ブログの管理人&理系東大生の西片です。受験やガジェットを中心に興味のあることを書いてきます。

Twitterやってます→@nskt_yagokoro(基本的にフォロバします)

【略歴】田舎の公立中高→塾に行かずに東大理系に現役合格→学費、家賃、生活費を稼ぐためブログ開始→目標達成(詳細)

\ Follow me /