理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【スマホとセットでオトク】携帯キャリアの新電力!料金プランまとめ

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は携帯キャリアが運営する電力プランについて解説していきます

時間がない人は、下の目次から「結局どれがいい?」へ移動してください

↓電力会社のまとめ記事

あわせて読みたい
【比較表アリ】東大生が選ぶオススメの新電力会社【乗り換え】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 本記事では今乗り換えるべき電力会社について解説していきます めちゃ...
あわせて読みたい
【最新】東大生が本気で考えた最強の節約術【裏ワザ】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 本記事では「今日から使える節約術」をいくつか紹介していこうと思いま...
クリックできる目次

キャリアが電力の小売りに続々参戦

電力会社について調べていると「新電力」という言葉をよく見かけると思います

新電力というのは、東京電力や東北電力といった従来型の地域電力会社以外の電力会社のこと。

従来は自分が住んでいる地域の電力会社でしか契約できなかったのに対し、2016年4月に開始された「電力自由化」以降は、自分の好きな電力会社で契約できるようになりました

この流れに乗って登場したのが、携帯キャリアの電力プランです

「ドコモでんき」の提供が発表されたことにより、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天の4大キャリアすべてが電力の小売りに参戦することとなりました

キャリアが提供する電力サービスのメリット

先ほど「電力自由化は2016年に始まった」と言いましたが、数年経った今でも電力会社を乗り換えたことのある方は多くありません

電力会社の乗り換えが進まない原因として「胡散臭い業者が多い」ことが挙げられます

実際、東京電力や関西電力といった大手電力会社の名を語って勧誘していた企業もありましたし、社会全体に「新電力はなんとなく怪しい」というイメージが定着しているものと思われます

そんななか登場したのが、携帯キャリアの電力サービス。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天の4社はどれも日本を代表する有名企業なので、「新電力=怪しい」というイメージを払拭してくれる可能性があります

「新電力に興味はあるけど名の知れた企業じゃなきゃ嫌だ!」という場合には、キャリアの電力プランを検討してみてはいかがでしょうか

キャリアの電力会社には「信頼性」以外にも様々なメリットすがあります

例えば、支払い方法。新電力の支払いはクレジットカードしか使えないことも多いのですが、携帯キャリアの電力プランなら携帯電話料金と同じ方法で支払うことが可能です

また、携帯キャリアは独自のポイントを展開しているため、ポイント還元をうまく利用すれば、既存の電力会社よりオトクに契約できる場合もあります

あわせて読みたい
【最新】東大生が本気で考えた最強の節約術【裏ワザ】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 本記事では「今日から使える節約術」をいくつか紹介していこうと思いま...

各キャリアの電力料金

ドコモでんき

「ドコモでんき」は2022年3月に開始予定の新電力サービス。

プランは「ドコモでんきGreen」と「ドコモでんきBasic」の2つが用意されています

名前から察しがつくとは思いますが、「ドコモでんき Green」は環境に配慮した電力プランで、再生可能エネルギー由来の電気を利用できます。

肝心の料金はと言うと、基本料金は「地域の電力会社+500円」で、電力量料金()は「地域の電力会社と同じ」となっています

これだけ聞くと「わざわざドコモでんきに乗り換える意味はないじゃないか」と思うかもしれません。

しかし、ドコモでんきにはdポイントによる還元があるため、実質的な電気代は既存の電力会社より安くなる可能性があります

還元率は最大10%とけっこう高め。ただし回線契約の有無などによって還元率は変動するので、人によってはオトクに感じないかもしれません

もう1つのプラン「ドコモでんきBasic」は、基本料金も電力量料金も「地域の電力会社と同じ」となっています

こちらのプランもdポイントによる還元はありますが、「ドコモでんきGreen」ほど還元率は高くありません

ドコモでんきの詳細は以下の通りです(スマホでお読みの場合には横スクロールしてください)

プランドコモでんきGreenドコモでんきBasic
基本料金地域の電力会社+500円地域の電力会社と同等
電気量料金地域の電力会社と同等地域の電力会社と同等
解約金0円0円
備考・3~10%のdポイント還元・2~3%のdポイント還元

auでんき

「auでんき」は携帯回線のauでお馴染みKDDIが提供する電力小売りサービスです

「ドコモでんき」がdポイントによる還元を実施していたのに対し、「auでんき」ではPontaポイントが付与されます

「auでんき」のプランは2種類。一般家庭向けの「でんきMプラン」と事業者や電気使用量の多い家庭向けの「でんきLプラン」が用意されています

auのスマホ回線や「auひかり」を契約している場合の還元率は1〜5%、auサービスを使っていない場合の還元率は0.5〜3%となっています

基本料金と電力量料金は既存の電力会社と同程度。解約金・違約金は一切かかりません

まさに「ドコモでんきのau版」って感じです

プランでんきMプランでんきLプラン
基本料金地域の電力会社と同等地域の電力会社と同等
電気量料金地域の電力会社と同等地域の電力会社と同等
解約金・違約金0円0円
備考・auユーザーは1〜5%の
Pontaポイント付与
・非auユーザーは0.5〜3%の
Pontaポイント付与
・auユーザーは1〜5%の
Pontaポイント付与
・非auユーザーは0.5〜3%の
Pontaポイント付与
公式サイトauでんき公式サイトauでんき公式サイト

ソフトバンクでんき

ソフトバンクの電力サービスには「おうちでんき」「くらしでんき」「自然でんき」の3プランが用意されています

「おうちでんき」は従来の電力会社より電気料金が1%安いのが特徴です。「おうち割 でんきセット」の割引を適用することでさらに安くなります

「おうち割 でんきセット」というのは、携帯電話(スマホやタブレットなど)や携帯回線とセットで契約するとオトクになるというもの。

携帯電話または携帯回線の料金が2年間は毎月100円割引、3年目以降は月50円割引となります

対する「くらしでんき」は「おうち割」による割引はありませんが、使用電力量によっては地域の電力会社より最大5%安くなります。電力使用量の多い人にオススメです

逆に、電力使用量が少ない人にオススメなのが「自然でんき」

こちらのプランは電気量料金が高い代わりに、基本料金が0円なので、一人暮らしの方など電気をあまり使わない人なら電気代が安くなる可能性があります

プランソフトバンク
おうちでんき
ソフトバンク
くらしでんき
ソフトバンク
自然でんき
基本料金地域の電力会社と同等地域の電力会社と同等0円
電気量料金地域の電力会社より1%安い地域の電力会社より
・120kWhまで:1%
・300kWhまで:3%
・300kWh超え:5%
安い
地域の電力会社より割高
(一律26円48銭)
解約金500円500円500円
備考携帯電話(スマホなど)やネット回線
とセットで割引
公式サイトソフトバンクでんき
公式サイト
ソフトバンクでんき
公式サイト
ソフトバンクでんき
公式サイト

楽天でんき

楽天でんきは、楽天モバイルでお馴染み「楽天」のグループ会社である「楽天エナジー株式会社」が運営する電力の小売りサービス。

プランは、アンペア契約の「プランS」、kVA契約の「プランM」、kW契約の「動力プラン」の3つが用意されていてます

これまで紹介した3社のプランは電力使用量に応じて単価が変動していたのに対し、楽天でんきはたくさん使っても単価が上がらないのが特徴です

例えば東京電力の場合、120kWhまでは19.88円/kWh、120kWh超え300kWh以下が26.48円/kWh、300kWh超えが30.57円/kWhと電力使用量に応じて1kWhあたりの料金が変動します

一方、楽天でんきプランSは「電気使用量によらず月額料金26.50円/kWh(東京電力エリア)」と設定されているので、たくさん使う人にとっては東京電力よりオトクです

また、汎用性の高い「楽天ポイント」が付与される点も非常に魅力的だと思います

プランプランSプランM動力プラン
基本料金0円0円695円/1kW
電気量料金電気使用量によらず
月額料金26.50円/kWh
※東京電力エリア
電気使用量によらず
月額料金27.50円/kWh
※東京電力エリア
電気使用量によらず
月額料金20.70円/kWh
※東京電力エリア
解約金0円0円0円
公式サイト楽天でんき公式サイト楽天でんき公式サイト楽天でんき公式サイト

結局どれがいい?

今回はスマホとセットでお得になる電力プランを紹介しました

ポイント還元や割引を活用することで出費を減らすことができるので、興味のある方は公式サイトを覗いてみてください

ただし、単に出費を減らしたいだけなら「Looopでんき」や「リミックスでんき」、「エルピオでんき」等のほうが安いので、そちらに乗り換えたほうがいいと思います

これらの企業は新電力が専門なだけあって、キャリアの電力プランよりも圧倒的に安いです

オススメの電力会社については以下の記事にまとめてあるので、ぜひ参考にしてください

↓電力会社のまとめ記事

あわせて読みたい
【比較表アリ】東大生が選ぶオススメの新電力会社【乗り換え】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 本記事では今乗り換えるべき電力会社について解説していきます めちゃ...
あわせて読みたい
【本気で選んだ】一人暮らしの電気代の平均とオススメの電力会社 「一人暮らしの電気代」→「選び方・注意点」→「オススメの電力会社」→「目的別のオススメ」の順に説明していきます けっこう長い記事なので下の目次を活用してお好きな...
あわせて読みたい
【節約】二人暮らしにオススメの電力会社【共働き・同棲】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は夫婦2人で生活している方や同棲しているカップルなど「二人暮ら...
あわせて読みたい
【完全版!】東京電力エリアでオススメの電力会社【関東】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は東京電力エリアにお住まいの方にオススメの電力会社を紹介してい...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次