理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【無料も】macで使える安いOfficeソフト【互換性あり】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回はmacOS搭載のパソコンで使えるOfficeソフトをいくつか紹介していきます

【最終更新日:2022年8月13日】

↓Adobe CCを最安で買う方法(PhotoshopやIllustrator、Premiere Proといった20種類以上の人気ソフトが使い放題に)

あわせて読みたい
【損するな!】Adobe CCを安く買う方法と価格の比較【デジハリ等】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はAdobe Creative Cloud(通称、Adobe CC)を公式サイトよりも安く買...
あわせて読みたい
【正規品】Microsoft Officeを安く買う方法【Excelなど】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPointなど)を安く買う方法...
クリックできる目次

有料版Microsoft Officeは高すぎる

Word等の文書作成ソフトやExcelのような表計算ソフトなど、仕事でよく使われるソフトウェアを一つにまとめたものを「オフィス(Office)」と呼びます

代表的なOfficeソフトといえば、やっぱり「Microsoft Office」ですよね

macでも利用できるので現在使用中に方も多いかもしれませんが、めちゃくちゃ高いのが

Microsoftの公式サイトで料金を確認してみると、家庭向けのOfficeである「Microsoft 365 Personal」の値段は、なんと1年あたり12,984円(記事執筆時点)

毎年1万円以上を支払う必要があるというのは、いくら何でも高すぎます

一応、Microsoft Officeを安く買う方法も存在するのですが、それでも高いです(↓詳細)

あわせて読みたい
【正規品】Microsoft Officeを安く買う方法【Excelなど】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPointなど)を安く買う方法...

おそらく、この記事に辿り着いた皆さんは、なんとかしてこの高すぎるOfficeソフトの費用を抑えようとしていると思います

そんなあなたのために、本記事ではmacで使える安いOfficeソフトを使う方法をいくつか紹介します

互換性が重要

Officeソフトを選ぶ際に1番問題になってくるのが「互換性」かと思います

「A社のソフトで作ったファイルがB社のソフトで動作すること」と「B社のソフトで作ったファイルがA社のソフトで動作すること」の両方が問題なく行えるとき、「A社のソフトとB社のソフトには互換性がある」といいます

日本ではMicrosoft社のOfficeソフト(WordやExcelなど)のシェアが圧倒的なので、他社製のOfficeソフトを購入するときには「Microsoft Officeとの互換性があるか」が重要になってきます

本記事で紹介するOfficeソフトはなるべくMicrosoftOfficeとの互換性が高いものを選びましたが、それでも完璧ではないかもしれません。あらかじめご了承ください

macで使えるOfficeソフト

Polaris Office for Mac

安くて高性能なOfficeソフトをお探しなら「Polaris Office for Mac」が最適解かと思います

名前からも分かるように「Polaris Office for Mac」はmacで使用可能なOfficeソフト。

高機能&低価格なのが特徴で、Microsoft Officeの場合は毎年12,984円払う必要があるのに対し、Polaris Office for Macははじめに4,378円を払うだけでOK。機能に関してもMicrosoft Officeと遜色ありません

「Microsoft Officeと同等のOfficeソフトが欲しいけど出費は抑えたい」そんな人に最適なOfficeソフトとなっています

購入はソースネクスト公式ショップがオススメです

ソフト名Polaris Office for Mac
機能Word (Microsoft Wordに相当)
Sheet (Excelに相当)
Slide (PowerPointに相当)
追加特典ストレージ1GB
料金4,378円(買い切り)
mac対応
Microsoft Office
との互換性
あり
公式サイトソースネクスト公式サイト

Libre Office

「絶対にOfficeソフトにお金をかけたくない!」という方にオススメなのが「Libre Office」

LibreOffice(リブレオフィス)とは無料でダウンロードできるOfficeソフトの一種で、The Document Foundationによって開発されています

「そんな名前も聞いたことない団体のソフト使いたくない」「無料ソフトは怪しくない?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、これ実は結構メジャーなソフトでして、フランス政府や会津若松市など国内外の企業・自治体でも採用されているOfficeソフトなんです

「MicrosoftOfficeと操作性が異なる点」と「機能面で有料ソフトに劣る点」がネックですが、Officeソフトを軽く使う程度であれば十分使えると思います

ソフト名LibreOffice
機能Writer (Microsoft Wordに相当)
Calc (Excelに相当)
Impress (PowerPointに相当) など
追加特典なし
料金無料
mac対応
Microsoft Office
との互換性
あり
公式サイトLibreOffice公式サイト

LibreOfficeのダウンロードはコチラ↓

ホーム | LibreOffice – オフィススイートのルネサンス

Microsoft Office Online

無料で使えるOfficeソフトとして「Microsoft Office Online」を使うという手もあります

Microsoft Office Onlineというのは、Microsoftが公式で提供しているオンライン版のOfficeソフトで、ネットにさえつながれば無料で使用できます

Microsoftが開発したものなので、もちろん通常版のMicrosoft Officeとの互換性も完璧です

一見最強に見えるMicrosoft Office Onlineですが、「普通のOfficeと比べて機能が劣る」「オンライン環境下でしか使えない」といったデメリットも存在します

高機能なOfficeソフトが使いたいなら、やっぱり有料のOfficeソフト(Polaris Office for Macなど)を使うべきかと思います

Office Onlineは以下のURLから利用可能です

Microsoft Office Online公式サイト

ソフト名Microsoft Office Online
機能Microsoft Word
Excel
PowerPoint
追加特典なし
料金無料
mac対応〇(ブラウザ使用)
Microsoft Office
との互換性
あり
公式サイトMicrosoft Office Online公式サイト

結論。どれを使うべき?

今回は安いor無料のOfficeソフトを紹介しました

それぞれの特徴をまとめると↓こんな感じ

メリットデメリット
Polaris Office for Mac・MicrosoftOfficeと同等レベルの機能
・MicrosoftOfficeより圧倒的に安い
・ストレージ1GBがついてくる
・ネットに繋がっていなくても使える
・有料
Libre Office・永年無料
・無料ソフトの中では完成度が高い
・機能は限定的
・互換性が完璧ではない
Microsoft Office Online公式サイト・永年無料
・互換性は完璧
・機能がかなり絞られる
・オンラインでしか使えない
・Microsoftアカウントが必要

Polaris Office for Macの購入はソースネクスト公式ショップから

LibreOfficeのダウンロードはコチラ

Microsoft Office Onlineの公式サイトはコチラ

↓Adobe CCを最安で買う方法(PhotoshopやIllustrator、Premiere Proといった20種類以上の人気ソフトが使い放題に)

あわせて読みたい
【損するな!】Adobe CCを安く買う方法と価格の比較【デジハリ等】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はAdobe Creative Cloud(通称、Adobe CC)を公式サイトよりも安く買...
あわせて読みたい
【正規品】Microsoft Officeを安く買う方法【Excelなど】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPointなど)を安く買う方法...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる