サーバー・VPS

Parallelsとは?料金、機能、VPSやBootCamp等との違い

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は、他のOSが使えるようにするソフトウェア「Parallels」の料金、機能、他のソフトとの違いを解説していきます

【最終更新:2021年11月10日 公開:2021年11月10日】

Parallelsとは?

Parallels(パラレルス)とは、仮想環境を使うことで異なるOSを動かすことのできるソフトウェアのこと。

Parallelsにもいくつか種類がありますが、中でも「Parallels Desktop for Mac」が1番人気。アプリを立ち上げる感覚でMacのデスクトップ上にWindowsを起動させることが可能となっています

その他、ChromeOSでParallelsを使えるようにする「Parallels Desktop for Chrome OS」や便利な機能がひとまとめになった「Parallels Toolbox」なんてのもあります

おそらくこの記事に辿り着いた皆さんは、数あるParallelsのソフトウェアの中でも「Parallels Desktop for Mac」の購入を検討していると思うので、そちらについて詳しく解説していきましょう

実は、仮想環境を構築してWindowsを使えるようにするソフトは他にも存在するのですが、Parallels Desktop for Macは機能が豊富で動作も軽いことから世界中で利用されています(具体的な機能は後述)

2021年11月時点での最新バージョンは「Parallels17」で、最新のmacOS「macOS Monterey」でも使用可能です

Parallels公式サイト(14日間の無料トライアル)

Parallels Desktop for Macの主な機能

「MacでWindowsが使えるのは分かったけど具体的に何ができるの?」「普通にWindows機を使うときと比べて制限多いんじゃないの?」という方、多いのではないでしょうか?

そういう方はとりあえず↓の動画を見てください

動画内で紹介されているように、Parallels Desktop for Macでは以下のような機能が使用可能です

  • Windowsアプリの起動(OfficeソフトやゲームもOK)
  • WindowsアプリとMacのアプリの同時使用
  • Mac⇆Windows間のコピペ
  • Mac⇆Windows間のファイルの共有(ドラック&ドロップ)
  • Macに接続したUSB等をWindows上で読み込み

普通にWindows搭載のパソコンを使うときと同等の操作が可能であることがお分かり頂けるかと思います

いや、むしろ「MacとWindowsのデータ共有が簡単」であることを加味すると、MacとWindowsの2台使いするよりも多機能と言えるかもしれません

機能の詳細は公式サイトでご確認ください

Parallels Desktop for Macの料金プラン

続いて、Parallels Desktop for Macの最新版である「Parallels17」の料金プランについて説明していきます

Parallels17のプランは3つあり、通常版の「Standard Edition」、高機能版の「Pro Edition」、ビジネス向けの「Business Edition」となっています(各プランの違いは公式サイトをご覧ください)

プラン名料金
Standard Edition8,345円
Pro Edition (サブスク)9,818円/年
Business Edition (サブスク)9,818円/年

「ちょっと高くない?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、WindowsPCを別に買うより断然安いです。

しかも学生・教員なら安めの「Student Edition」を購入できます。学生証または身分を証明できるものを提示することで50%オフで購入可能です

ただし割引の対象となるのは「Standard Edition」のみなので注意してください

Parallels公式サイト(14日間の無料トライアル)

他の方式との違い

BootCampとの比較

macでWindowsを使用する方法としては、Apple公式が提供している機能「BootCamp」を使うというやり方もあります

Parallels Desktop for Macがmac上でWindowsを立ち上げる(仮想環境)のに対し、BootCampはmac全体をWindowsに置き換えるという方式になっています

Windowsのライセンス料さえ払えば追加料金なしで使えるのが最大のメリットです

ただしPCを起動させるときにWindowsを立ち上げるかmacを立ち上げるか選ぶという方式なので、Windowsとmacを同時に使用することはできません。

つまり、Windows⇆macの切り替えの際にはいちいち再起動する必要があるわけです

「簡単に切り替えがしたい」「Windowsとmacを同時に使いたい」という場合には素直にParallelsを購入しましょう

VirtualBoxとの比較

macでWindowsを使う別の方法として、フリーソフトの「VirtualBox」を使うというやり方もあります

VirtualBox自体は無料なので、Windowsのライセンス料さえ払えば追加料金なしで使用可能です

仕組みとしてはParallelsと同じで、仮想環境を構築することでWindowsを起動させます

「これ最強じゃね?」と思った方も多いかもしれませんが、無料なだけあってデメリットも多いです

まず処理が重すぎて、よほど高スペックなPCじゃないとマトモに動きませんし、Parallelsで使えるような高度な機能もありません

あと設定が複雑なので、上級者以外にはキツイかと思います

というわけでWindowsをストレスなく使うならParallelsを使うのが無難というのが僕の結論です

VPSとの比較

macでWindowsを使う方法としては「VPSを使う」という方法もあります

これは企業が用意してくれたWindows環境をネット経由で遠隔操作するというもので、ネットさえ繋がればmacのパソコンからでもスマホからでも操作できるのが利点です

「企業が用意した」といっても自分専用に契約されたものなので、自由に使うことができます(もちろん有料です)

自分のPCでWindowsを動かすわけではないので、動作は快適ですし、MacからでもスマホからでもWindowsが操作できます

一方で「ネットに繋がっていないと使えない」「サブスク方式なので長期間利用する場合には割高」というデメリットもあります

Windows使用可能なVPSは以下の通りです

今なら14日間無料で試せる

今回はMacでWindowsを使えるようにするソフト「Parallels Desktop for Mac」について解説しました

この手のソフトの中ではおそらく世界一優秀で「Parallelsにできないことは他のソフトでもできない」ってくらい多機能なソフトとなっています

今なら14日間無料で試せるとのことなので、興味のある方は公式サイトにアクセスしてみてください

Parallels公式サイト