理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【東大生が解説】Surfshark VPNの料金、メリット・デメリット

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は、人気急上昇中のVPNサービス「Surfshark VPN」を紹介していきます

「そもそもVPNを知らない!」という方は、以下の記事をご覧ください

あわせて読みたい
【どこよりも分かりやすく】VPNとは?VPNでできることを解説!【メリット・デメリット】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は「VPNで出来ること」と「VPNのメリット・デメリット」をなるべく...

↓VPNの比較記事はコチラ

あわせて読みたい
【高速】2022年最新!東大生おすすめのVPN&料金・スペック等の比較! ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は、これからVPNを契約する人向けに、オススメのVPNを紹介していこ...
クリックできる目次

Surfshark VPNとは?

Surfshark VPNは英領ヴァージン諸島に本拠地を置くVPNサービス。執筆時点での世界シェアは第3位とのことで、数あるVPNの中でも人気のサービスとなっています

「英領ヴァージン諸島ってなんか怪しくない?」と思った方もいるかもしれませんが、VPNサービスがこうした”マイナーな地域”に拠点を置くのは実は理にかなっています。

というのも、アメリカや中国などの主要国と違って、政府による統制が厳しくないからです。つまり、政府から「顧客情報をよこせ!」と言われる心配が少ないので、ユーザーの通信データが守りやすいわけです

また、詳しくは後述しますが、Surfshark VPNは「ノーログポリシー」を掲げているので、プライバシーに気にする方にも最適なサービスとなっています

プライバシー以外の点も優れていて「コスパがいい」「サーバー数が多い」「同時接続可能なデバイス数に制限がない」などメリットが多数存在。評判がいいのもうなずけます。

以下、Surfshark VPNの基本情報です

VPNサービス名Surfshark VPN
サービス本拠地英領ヴァージン諸島
サーバー数3200以上
サーバー設置国数65ヵ国以上
同時接続可能なデバイス数無制限
料金最安で月2.49ドル
※詳しくは後述
保証・お試し期間30日間返金保証
Android、iOS、macOSなら7日間の無料のお試し期間あり
利用可能なデバイスWindows、macOS、iOS(iPhone)、Androidなど
ノーログポリシー
詳細Surfshark VPN公式サイト

上記の情報は変更になる可能性があります。最新の情報は公式サイトにてご確認ください

Surfshark VPNの料金プラン

執筆時点で、Surfshark VPNの料金プランは以下の3つから選択可能となっています

プラン月額料金
1ヶ月12.95ドル
6ヶ月6.49ドル
2年2.49ドル

記事執筆時点では円高の影響で少し高めになっていますが、それでもかなりコスパはいいです

それぞれのプランには性能面での違いはありません。ただし、契約期間が長いほど1ヶ月あたりの料金が安くなります。

計算してみると、6ヶ月プランなら1ヶ月プランと比べて約50%、2年プランなら約81%割り引かれることが分かります

すぐに解約する予定のない方は一括で2年プランに申し込むのが賢明です

※料金は変更になる可能性があります。事前に公式サイトでご確認ください

Surfshark VPNを使うメリット

速度が落ちにくい

VPNには「安全な通信が確保できる」「海外のWebサービスにアクセス」できるといったメリットがある一方で「通信速度が落ちる」という欠点もあります

そこでVPNを選ぶ際には「速度低下が少ないか」が重要になってくるのですが、Surfshark VPNは他社サービスと比べても結構速いです

ネット上の報告を見ていても速度低下が少ないことが分かります

接続環境にもよりますが、海外のサーバーにアクセスしてNetflixとかAmazonPrimeビデオとか観ても、不満を感じることはないはずです

同時接続数が無制限&様々なOSで使える

Surfshark VPNのメリットの1つとして「同時接続数が無制限」であることが挙げられます

VPN選びでお悩みの方なら分かるとは思うのですが、VPNサービスの中には同時接続数に制限を設けているところがほとんどです

例えば、世界的に有名なVPNサービスである「NordVPN」の同時接続数は6台、「ExpressVPN」は5台となっています

同時接続数が少ないと、家族で使用した際や複数のデバイスで使用した際に「他の端末で使っているから自分は使えない…」なんてことになりかねません

しかしながら、Surfshark VPNには同時接続数の制限が一切設けられていないので、複数の端末で接続する場合も心配無用です

対応OSはWindows、mac、iOS、Androidなど多岐に渡るので、いろんなデバイスでVPNにつなぐことができます

↓主要VPNの接続数の比較表

同時接続可能なデバイス数
Surfshark VPN無制限
Cyber Ghost7
NordVPN6
ExpressVPN5

ノーログポリシーあり

VPNを選ぶ際に必ずチェックしておきたいのが「ノーログポリシー」です

ノーログポリシーというのは、その名の通り「ログを取らないという方針」のこと。つまり、ノーログポリシーを掲げているVPNサービスは「ユーザーの行動を追跡しないよ」と宣言しているわけです

「接続元を分からなくしたい!」という理由でVPNを利用する方は意外と多いです。

接続元を秘匿できればセキュリティ的にもメリットがありますし、単に接続先に監視されるのを嫌ってVPNを使う人もいます

しかしながら、VPNサービスを提供する会社だけは接続元を確認できる、というのが唯一の問題点でした。

こうした状況を考慮し、Surfshark VPNでは「自分たちは接続元の行動を追跡しない」という方針を明確化することで、ユーザーの不安を払拭しているわけですね

Surfshark VPNのデメリット

上で説明した通り、Surfshark VPNには「同時接続数が無制限」「速度が落ちにくい」といった様々なメリットがありますが、ただ1つ欠点が存在します

その欠点というのが「スマホアプリが日本語に対応していないこと」です。英語が苦手な方は操作に不安を感じることもあるかもしれません

とはいえ、アプリでの設定項目は多くないですし、英語が分からなくても、アイコンを見れば雰囲気で操作できるかと思います

ちなみにブラウザ版は日本語に対応しているので「英語表記は耐えられない…」という方は、Google ChromeやFirefoxなどから設定するのがいいでしょう

Surfshark VPNの安全性

VPN選びで気になるのはやっぱり「安全性」ですよね

VPNの中には危険なものも多い(特に無料のVPN)ですが、Surfshark VPNの場合は、第三者の安全性評価でも優秀な成績を収めています

さらに、先述した通りSurfshark VPNはノーログポリシーを掲げているので、「Surfshark VPNのサーバーがハッキングされて行動履歴が流出したらどうしよう…」といった心配も不要です

今なら30日間の返金保証があるので、迷わず使ってみるのがいいと思います

Surfshark VPN公式サイト

↓VPNの比較記事はコチラ↓

あわせて読みたい
【高速】2022年最新!東大生おすすめのVPN&料金・スペック等の比較! ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は、これからVPNを契約する人向けに、オススメのVPNを紹介していこ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる