サーバー・VPS・VPN

【最強】NordVPNの料金、メリット・デメリットを徹底解説!

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は、世界的に有名なVPNサービス「NordVPN」を紹介していきます

「そもそもVPNって何?」という方は、以下の記事をご覧ください

↓VPNの比較記事はコチラ↓

NordVPNとは?

NordVPNはパナマに本拠地を置くVPNサービス。サーバー数、サーバー設置国数が共に多いことから、日本でも海外でも人気の高いVPNサービスです

「VPN おすすめ ランキング」とかで検索すれば、どのサイトでもほぼ確実に3位以内にランクインしているのが分かるかと思います。(参考:VPNおすすめランキング)

人気の理由はやはり「サービスの質が高いこと」にあるのでしょう。サーバー数やサーバー設置国数、同時接続可能なデバイス数など、どれをとっても「最強」といわざるを得ません

ハッキリ言って、特に理由がなければNord VPNを契約すれば万事解決です。それくらい完成度の高いサービスとなっています

以下、NordVPNの基本情報です

VPNサービス名NordVPN
サービス本拠地パナマ
サーバー数4837台
サーバー設置国数62ヵ国
同時接続可能なデバイス数6台
料金最安で月3.71ドル(キャンペーン非適応時)
※セールが頻繁に開催されます。詳しくは後述。
保証・お試し期間30日間返金保証
利用可能なデバイスWindows、mac、iOS(iPhone)、Androidなど
ノーログポリシー
詳細NordVPN公式サイト

上記の情報は変更になる可能性があります。最新の情報は公式サイトにてご確認ください

NordVPNの料金プラン

↑記事執筆時点での料金。現在の料金は公式サイトで確認を。

NordVPNの料金プランは以下の3つから選択可能となっています(キャンペーンを適用しない場合)

プラン月額料金
1ヶ月プラン11.95ドル
1年プラン4.92ドル
2年プラン3.71ドル

それぞれのプランには性能面での違いはありません。ただし、契約期間が長いほど1ヶ月あたりの料金が安くなります。

計算してみると、1年プランなら1ヶ月プランと比べて約59%、2年プランなら約69%割り引かれることが分かります

すぐに解約する予定のない方は一括で2年プランに申し込むのが賢明です

なお、NordVPNでは割引キャンペーンが開催されることが多いので、そちらを活用すればもっとオトクに契約できます(70%OFFになることも…)

特に、クリスマスやハロウィンのようなイベントの時期や夏休みシーズンには大型のキャンペーンが実施されやすいです

公式サイトをこまめにチェックしておくと見逃さずに済むかと思います

NordVPNのメリット

サーバー数が多い

先ほどチラッと言いましたが、NordVPNで利用可能なサーバーの数は一般的なVPNと比べて圧倒的に多いです

その数なんと4837台。これほどサーバーの多いVPNはNordVPNくらいしかありません

中には「そんなにサーバー多くても意味なくない?」と思う方もいらっしゃるかもしれません

しかしながら、サーバーの数が増えることで「多くの人が一斉に接続しても耐えられる」「すべてのサーバーが規制されて使えなくなる心配がない」といったメリットがうまれます

トラブルなくVPNを使いたいなら、サーバー数の多いNordVPNが最有力候補になるはずです

サーバー設置国数も多い

NordVPNは単にサーバーの数が多いだけでなく、サーバーが設置されている国の数も多いです。

NordVPNのサーバーはアジア、ヨーロッパ、北アメリカ、アフリカ、、、といった世界各地にまんべんなく設置されていて、サーバー設置国数は驚異の「62か国」となっています

皆さん知っての通り、外国のVPNサーバーを経由することで、その国のWebサービスにアクセスすることが可能です。

設置国数が多いというのは利用できるWebサービスが多いことを意味します。「日本で未配信の映像をNetflixで見る」といった場合には、サーバー設置国数の多いVPNを選ぶのが最適です

速度が落ちにくい

VPNには「安全な通信が確保できる」「海外のWebサービスにアクセス」できるといったメリットがありますが、通信速度が落ちるという欠点もあります

そこでVPNを選ぶ際には「速度低下が少ないか」が重要になってくるのですが、NordVPNは他社サービスと比べてもかなり速いです

独立ITセキュリティ機関であるAV-TESTによる調査では、一般的に高速と言われているExpressVPN等を抑えて、NordVPNが1番速いという結果が出たとのこと

環境にもよりますが、NetflixなどのVODサービスを使っても不満を感じることはまずないと思います

ノーログポリシーあり

VPNを選ぶ際に必ずチェックしておきたいのが「ノーログポリシー」です

ノーログポリシーというのは、その名の通り「ログを取らないという方針」のこと。つまり、ノーログポリシーを掲げているVPNサービスは「ユーザーの行動を追跡しないよ」と宣言しているわけです

「接続元を分からなくしたい!」という理由でVPNを利用する方は意外と多いです。

接続元を秘匿できればセキュリティ的にもメリットがありますし、単に接続先に監視されるのを嫌ってVPNを使う人もいます

しかしながら、VPNサービスを提供する会社だけは接続元を確認できる、というのが唯一の問題点でした。

こうした状況に配慮してか、NordVPNでは「自分たちはユーザーの行動を追跡しない」という方針を明確化することで、ユーザーの不安を払拭しているわけですね

本拠地がパナマにある

あと、本拠地を「パナマ」に置いているというのもGoodポイントです。

「パナマってなんとなく怪しくない?」と思う方もいるかもしれませんが、VPNサービスは”あえて”こうしたマイナーな地域に拠点を置く場合があります。

というのも、アメリカや中国などの大国と違って、政府による統制が厳しくないからです。

つまり、政府から「顧客情報をよこせ!」と言われる心配がないので、ユーザーの通信データが守られるわけですね

NordVPNでは「ノーログポリシーを掲げる」&「本拠地をパナマに置く」という二刀流で顧客の安全を確保しているということになります

デメリット

通常時は最安ではない

サービスの質が高いので仕方がないことなのですが、業界最安値というわけではありません

他の大手VPNと比べてみると「めちゃくちゃコスパがいいというわけではない」ことが分かるかと思います

VPNプロバイダー月額料金(最安プラン)
NordVPN3.71ドル
Surfshark VPN2.49ドル
ExpressVPN8.32ドル
Millen VPN968円
SUICA VPN717円

コスパの良いVPNをお探しなら、最安2.49ドル/月で利用できる「Surfshark VPN」のほうがいいかもしれません

しかしながら、NordVPNでは頻繁にキャンペーンを開催しているので、タイミングを合わせればかなりオトクになるかと思います

ちなみに記事執筆時点にはクリスマスセールが開催されていて、驚愕の「72%OFF」で契約できるようになっていました(Surfsharkよりも安い…)

現在開催中のキャンペーンについてはコチラをご参照ください→NordVPNキャンペーン情報

↓VPNの比較記事はコチラ↓