サーバー・VPS・VPN

【本当に?】ノーログポリシーのあるVPNサービス【おすすめ】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は、VPN選びにおけて重要になってくる「ノーログポリシー」について解説した上で、ノーログポリシーを掲げているVPNサービスを紹介していきます

「そもそもVPNって何?」という方は以下の記事をお読みください↓

オススメのVPNはこちら↓

ノーログポリシーとは?

画像:Cloudflare

ノーログポリシー(no log policy)というのは、その名の通り「ログを取らないという方針」のこと。「ゼロログポリシー」などと呼ばれることもあります

ノーログポリシーを掲げているVPNサービスは「ユーザーの行動を追跡しないよ」とはっきり宣言しています

VPNを利用する目的として「接続元を分からなくしたい!」というのは定番です。

接続元を秘匿できればセキュリティ的にもメリットがありますし、単に接続先に監視されるのを嫌ってVPNを使う人もいます(追跡されるのって気持ち悪いですよね)

VPNを使えば、自分の通信機器(スマホやPCなど)と相手側の間にVPNサーバーが入ることになるので、相手から見るとVPNサーバーが接続してきたように見えます(↓こんな感じ)

画像:スイカVPNより引用

そのため「自分がアクセスした」という事実を外部から秘匿化することができるわけです

しかし、VPNには唯一の問題点があります。それは「VPNサービスを提供する会社だけは接続元を確認できる」ということです

いくら外部から情報が漏れないようになっていても、VPNサービスを提供する企業がバラしちゃったら意味がないので、信頼できるVPNサービスを使う必要があります

その際、信頼性の指標となるのが「ノーログポリシー」というわけです

アメリカやEUは避けたほうがいい

ひとつ注意してほしいのが「アメリカやEUに本拠地を置くサービスは匿名性が怪しい」ということ。

欧米諸国の多くはVPNを提供している企業に対して情報を引き渡すことを義務付けています。

そのため、支払い情報や利用履歴といったユーザーデータを政府などの第三者機関に提供する可能性はかなり高いです

匿名性を重視するなら、アメリカやEU諸国に本拠地を置いていないサービスを契約するようにしましょう

本当にノーログポリシーを守ってる?

先ほどノーログポリシーとは「ユーザーの行動を追跡しない」という宣言だと言いましたが、実際にポリシーを守っているのか気になりますよね?

いくらログを保持しないと言っていても、宣伝のための嘘である可能性があります

一般ユーザーが嘘かどうかどうかを確かめるのは困難ですが、ノーログポリシーが実証された事例がいくつかあるので、ピックアップして紹介していきたいと思います

ExpressVPNでの事例

ExpressVPNは過去に容疑者のデータを守ったことで知られています

2016年、トルコの首都アンカラでロシアの駐トルコ大使アンドレイ・カルロフが暗殺されました。

カルロフ氏を射殺した犯人は非番のトルコ警官とされているのですが、その警察官はExpressVPNを介してGmialとFacebookを利用していたことが明らかとなっています

そこでトルコ当局は事件の詳細を調べるためにExpressVPNのサーバーセンターを家宅捜索し、警察官が使用したサーバーを押収しました

しかし、ExpressVPNはノーログポリシーをしっかり守っていたため、当の警察官に関わる有益なデータは何も残されていなかったのです

そこでトルコ当局はExpressVPNの運営企業に対して直接データの提出を求めました。

それに対し、ExpressVPNは「我々は英領バージン諸島を拠点としているため要請に応じる必要はない。また、接続ログやアクティビティログは一切保存していないため、提出する情報はそもそも存在しない」と返答。ユーザーデータが守られることになったのです

この事件により、ExpressVPNでは政府機関に対してもユーザーデータを提供しない(提供できない)ことが実証されました

さらにExpressVPNはトルコのサーバーセンターを廃止し、さらに安全性を高めたとのこと。匿名性を重視する姿勢が伺えます

NodeVPNの場合

NodeVPNに関してはExpressVPNのような重大事件は発生していません(少なくとも明らかになっていません)が、匿名性が非常に高いVPNと評判です

NordVPNはパナマに本拠地を置いています。EU諸国やアメリカと違ってパナマにはデータ保持法が存在しないため、NodeVPNのノーログポリシーには説得力があります

しかしながら、先述したような重大事件が発生しない限り、ノーログポリシーの信憑性を示すのは難しいというのが実情です

そこで、NodeVPNは2018年に業界初となる第三者機関による監査を実施しました。

監査を担当した第三者機関は、4大監査法人の1つに数えられるPricewaterhouseCoopers AG(所在地:スイス・チューリッヒ)

この監査によりNodeVPNは本当にログを保持していないことが実証されました

また、2020年にと同様の監査がなされましたが、ログを保持している証拠は一切見つからなかったとのことです

ノーログポリシーを掲げているVPNサービス

ここからはノーログポリシーを掲げているVPNサービスを紹介していきます

NordVPN

まず紹介したいのが、先ほど登場した「NordVPN

NordVPNはパナマに本拠地を置くVPNサービス。サーバー数、サーバー設置国数が共に多いことから、日本でも海外でも人気の高いVPNサービスです

「VPN おすすめ ランキング」とかで検索すれば、どのサイトでもほぼ確実に3位以内にランクインしているのが分かるかと思います。(参考:VPNおすすめランキング)

人気の理由はやはり「サービスの質が高いこと」にあるのでしょう。サーバー数やサーバー設置国数、同時接続可能なデバイス数など、どれをとっても「最強」といわざるを得ません

ハッキリ言って、特に理由がなければNord VPNを契約すれば万事解決です。それくらい完成度の高いサービスとなっています

以下、NordVPNの基本情報です

VPNサービス名NordVPN
サービス本拠地パナマ
サーバー数4837台
サーバー設置国数62ヵ国
同時接続可能な
デバイス数
6台
料金1ヶ月プラン:11.95ドル/月
1年プラン:4.92ドル/月
2年プラン:3.71ドル/月
※セールが頻繁に開催されます。
保証・お試し期間30日間返金保証
利用可能な
デバイス
Windows、mac、iOS(iPhone)、Androidなど
ノーログポリシー
詳細NordVPN公式サイト

Express VPN

ExpressVPNは英領ヴァージン諸島に本拠地を置くVPNサービス。

通信速度と安全性の高さを売りにしていて世界的にも人気が高いです。先述の事例からも分かるようにノーログポリシーに関しても文句なしなので安心して使えるかと思います

「料金が高め」なのはネックですが、それ以外の欠点はほぼ見当たらない優良サービスとなっています

VPNサービス名ExpressVPN
サービス本拠地英領ヴァージン諸島
サーバー数3000台以上
サーバー設置国数94ヵ国
同時接続可能な
デバイス数
5台
料金1ヶ月プラン:12.95ドル/月
6ヶ月プラン:9.99ドル/月
15ヶ月プラン:6.67ドル/月
12ヶ月プラン+3ヶ月無料の特別割引
保証・お試し期間30日間返金保証
利用可能な
デバイス
Windows、mac、iOS(iPhone)、Androidなど
ノーログポリシー
詳細ExpressVPN公式サイト

Surfshark VPN

Surfshark VPNは英領ヴァージン諸島に本拠地を置くVPNサービス。割と最近できたVPNサービスですが、急速にサーバー数を増やしており、今最も注目すべきVPNと言えます

主要国の法律が適応されない「英領ヴァージン諸島」に拠点を置いていることから、ユーザーの通信データが流出しにくいのがGoodです

また、Surfshark VPNは「ノーログポリシー」を掲げているので、プライバシーに気にする方にも最適なサービスとなっています

プライバシー以外の点も優れていて「コスパがいい」「サーバー数が多い」「同時接続可能なデバイス数に制限がない」などメリットが多数存在。評判がいいのもうなずけます。

VPNサービス名Surfshark VPN
サービス本拠地英領ヴァージン諸島
サーバー数3200以上
サーバー設置国数65ヵ国以上
同時接続可能な
デバイス数
無制限
料金1ヶ月プラン:12.95ドル/月
6ヶ月プラン:6.49ドル/月
2年プラン:2.49ドル/月
保証・お試し期間30日間返金保証
Android、iOS、macOSなら7日間の無料のお試し期間あり
利用可能な
デバイス
Windows、macOS、iOS(iPhone)、Androidなど
ノーログポリシー
詳細Surfshark VPN公式サイト