理系東大生が運営する人生攻略ブログ

【2022年最新】さくらのVPSのリアルな評判&料金解説!

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は「さくらのVPS」について詳しく解説していこうと思います

【最終更新日:2022年9月1日】

↓VPSの選び方、スペック・料金の比較

あわせて読みたい
【安い順】おすすめのVPS10社を徹底比較!【2022年最新】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は「VPS(Virtual Private Server)」を徹底比較していきたいと思い...

↓マイクラ(Minecraft)用のサーバーはこちら

あわせて読みたい
【徹底比較】Minecraft(マイクラ)のマルチサーバー用にオススメのVPS(レンタルサーバー) ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はMinecraft(マイクラ)用にオススメのVPSは紹介していきます 「VPS...

↓ARK用のサーバーはこちら

あわせて読みたい
【料金比較】ARKのマルチプレイにおすすめのレンタルサーバー ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はARKのマルチプレイにおすすめのVPS・レンタルサーバーを紹介して...
クリックできる目次

さくらのVPSの基本情報

さくらのVPSは大阪に本社を置くIT企業「さくらインターネット株式会社」が運営するVPSサービスです

20年以上の運用実績があり、障害が少なくトラブル対応も素早いのが特徴です。安定性を重視するなら「さくらのVPS」は最有力候補に挙がると思います

ネットやSNS等での評判もかなり良く「初心者なら”さくらのVPS”を選べばOK」という安心感があります

あと「さくらのVPS」は利用者が多いので、分からないことがあったときにネットで検索すれば解決策がすぐに見つかるというのも大きな利点です

サービス名さくらのVPS
運営企業さくらインターネット
運営実績2010年~
初期費用無料
月額料金(税込み)Linux系:643~30,800円
Windows:1,100~32,340円
※詳しくは公式サイトをご覧ください
支払方法・クレジットカード(VISA / MasterCard / JCB / American Express / Diners Club)
・銀行振込
・自動口座振替
・請求書払い
最低利用期間3か月
CPUコア数Linux系:1~10コア
Windows:2~10コア
メモリLinux系:512MB~32GB
Windows:1~32GB
ディスク容量Linux系:25GB~1600GB(SSD)
Windows:50GB~1600GB(SSD)
リージョン石狩/東京/大阪
スケールアップ可能
ロードバランサー非対応
スナップショット非対応
SLA
(サービス品質保証)
なし
サポート電話・メール
無料お試し期間14日間
公式サイトさくらのVPS

さくらのVPS公式サイトで詳細を確認

さくらのVPSの料金、スペック

まずはLinux系OSが使える「さくらのVPS」の料金とスペックを見ていきましょう

料金の支払い方式は月額払いと年額払いの2種類あり、1年分を一括で支払うと、およそ月額料金1ヶ月分お得になります

なお、「さくらのVPS」のサーバーは石狩(北海道)、大阪、東京の3か所に設置されているのですが、設置場所によって料金が異なるので注意してください

※下の表は横スクロール可能です

プラン名512MB1GB2GB4GB8GB16GB32GB
料金(石狩)590円/月(年払い)
643円/月(月払い)
807円/月(年払い)
880円/月(月払い)
1593円/月(年払い)
1738円/月(月払い)
3227円/月(年払い)
3520円/月(月払い)
6453円/月(年払い)
7040円/月(月払い)
12100円/月(年払い)
13200円/月(月払い)
24200円/月(年払い)
26400円/月(月払い)
料金(大阪)431円/月(年払い)
671円/月(月払い)
600円/月(年払い)
935円/月(月払い)
1186円/月(年払い)
1848円/月(月払い)
2400円/月(年払い)
3740円/月(月払い)
4800円/月(年払い)
7480円/月(月払い)
9176円/月(年払い)
14300円/月(月払い)
18352円/月(年払い)
28600円/月(月払い)
料金(東京)449円/月(年払い)
698円/月(月払い)
636円/月(年払い)
990円/月(月払い)
1257円/月(年払い)
1958円/月(月払い)
2541円/月(年払い)
3960円/月(月払い)
5082円/月(年払い)
7920円/月(月払い)
9882円/月(年払い)
15400円/月(月払い)
19764円/月(年払い)
30800円/月(月払い)
メモリ512MB1GB2GB4GB8GB16GB32GB
CPU1コア2コア3コア4コア6コア8コア10コア
SSD25GB
(50GBに変更可能)
50GB
(100GBに変更可能)
100GB
(200GBに変更可能)
200GB
(400GBに変更可能)
400GB
(800GB)
800GB
(1600GB)
1600GB
(3200GB)
初期費用無料無料無料無料無料無料無料

ストレージに関しては以下の2つのオプションが設けられています

  • ストレージ容量変更オプション:VPSのストレージ容量を永続的に増加
  • 追加ストレージ(NFS):VPSの外部に追加のストレージを設ける

ストレージの拡張に関する料金は公式サイトからご確認ください。

さくらのVPS公式サイトで詳細を確認

さくらのVPS for windows serverの料金

続いては、Windows Serverが使える「さくらのVPS for windows server」の料金を見ていきましょう

さくらのVPS for windows serverでは大阪と石狩の2つのリージョンが選択可能です

「さくらのVPS」はリージョンごとに異なる料金が設定されていましたが、「さくらのVPS for windows server」は同じ料金となっています

プラン名W1GW2GW4GW8GW16GW32G
料金1100円/月2200円/月4290円/月8470円/月15950円/月32340円/月
メモリ1GB2GB4GB8GB16GB32GB
CPU2コア3コア4コア6コア8コア10コア
SSD50GB100GB200GB400GB800GB1600GB
初期費用無料無料無料無料無料無料

さくらのVPS公式サイトで詳細を確認

さくらのVPSのメリット

安定した運営実績

VPSサーバーを選ぶにあたって重要になってくるのが「運営実績」です

VPSを利用していると様々なトラブルに見舞われるのですが、運営実績が長い企業ほどトラブル対応が速い傾向にあります

先述した通り、さくらのVPSは20年以上の安定した運営実績のある”老舗”のサービスであり、信頼性に関しては文句のつけようがありません

また、同じ運営元が提供しているクラウドサービス「さくらのクラウド」は政府の情報システムに認定されています。

政府に認められるほどの企業が運営しているというのは安心できますよね

さくらのVPS公式サイトで詳細を確認

利用者が多い(=ネットに情報が多い)

長くサービス提供しているだけあって、さくらのVPSは他社のVPSサービスに比べてユーザー数が多いです

つまり、さくらのVPSに関して分からないことがあった場合にネットで検索すれば解決策が見つかりやすいという利点があるわけです

また、ユーザー数が多いことから、突然サービスが終了する危険も少ないといえるでしょう

さくらのVPS公式サイトで詳細を確認

さくらのVPSのデメリット

スケールダウンはできない

サーバーのスペックを高性能なものに変更することをスケールアップ、性能の低いものに変更することをスケールダウンといいます

さくらのVPSの場合、2014年以降に契約したサーバーは上位プランにスケールアップできるようになっています(ただし、いろいろと制約あり)

しかしながら、利用中のプランよりもディスク容量が少ないプランへスケールダウンすることはできません

つまり、あとから「スペックが過剰だったから安いプランに乗り換えたい」と思っても契約し直す必要が出てくるので注意してください

さくらのVPS公式サイトで詳細を確認

さくらのVPSのリアルな評判

ここからはさくらのVPSの評判・口コミを紹介していきます。

評判・口コミをざっくりまとめると↓こんな感じです

【良い評判・口コミ】

  •  トラブルが少なく安定している
  • AWSより料金面での不安が少ない
  • 個人開発に最適な料金設定
  • サーバーのパフォーマンスが良い
  • サーバー監視機能が便利

【悪い評判・口コミ】

  • スナップショットが取れない
  • スケールダウンに非対応
  • ネットワーク速度が100Mbpsなのが辛い
  • スケールアップ時の制約が多い

さくらのVPSの安定性に関する評判

さくらインターネットのVPSは安定稼働してていいね 別の格安系VPSは年数回はメンテで数時間止まってたから大分マシに感じる

Twitterより

さくらのVPSから「来年ホスト機材をリプレイスするからVPS再起動するぞ」というメールが来た。uptimeを確認してみたら1264日。2017年のメンテ以降1回も再起動していないのか。さくらのVPSとLinuxの安定性すごい。

Twitterより

個人遊び場のVPS、さくらインターネットよりコスパいいもの存在するかな。自分のサイドプロジェクトはさくらVPS使って5年経ったけど、特に大きい問題なくとても安定している。

Twitterより

さくらのVPSの料金に関する評判

Cloud9をAWSのEC2、RDSの構成で開発環境を作ってきたが、安価にするため、さくらVPSでCloud9を走らせることにした。たぶんコスト5分の1。

Twitterより

AWSの年間無料枠が切れたのと、昨今の円安でコストが爆上がりしてたので、さくらのVPSに完全移行しました。AWSはドル決算なので。 (円安による国内回帰ってやつですかね?)

Twitterより

AWS も GCP も高いもん、個人じゃ絶対使わない さくらの VPS はもっと評価されるべき

Twitterより

ランニングコスト真面目に考えると、よっぽどローカルでしかできないことがない限り、VPNコスト含めてもさくらのVPSがコスパ最強になりがちなんですよね……

Twitterより

さくらのVPSの機能・使い勝手に関する評判

さくらのVPSのドメイン設定、同じさくらの~でVPS契約してドメイン取得してるのに、それぞれの設定が分断されてて分かりにくいなあ。説明記事はリンク切れてるし。ふむう。

Twitterより

以前awsで環境構築した際に、常時ssl化ができなくて断念したんだけど、今回さくらのvpsで再チャレンジしてやっとできたー。 未経験の身からしたら、さくらのvpsの方が日本語でわかりやすいし、初めからawsみたいなクラウド使うよりvpsの方が理解しやすいと思った。

Twitterより

さくらのVPSいつのまにかサーバー監視機能めっちゃ手早く作れるようになってる、前からあったのかもしれないけどUIが超絶わかりやすくなってる。早速使うぞ

Twitterより

そうか、さくらVPS、スナップショット取る機能がないのがちょっとつらいのか。なるほど。

Twitterより

大手VPSサービスを徹底比較!

別記事にて大手VPSサービス9社を徹底比較しました

スペックの近い料金プランを一覧表にしてあるので、コスパのいいプランが一目で分かります

「VPSを選ぶ際にチェックすべきポイント」や「VPSと共用サーバーの違い」などについても詳しく解説してあります。ぜひご覧ください↓

あわせて読みたい
【安い順】おすすめのVPS10社を徹底比較!【2022年最新】 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は「VPS(Virtual Private Server)」を徹底比較していきたいと思い...

↓マイクラ(Minecraft)用のサーバーはこちら

あわせて読みたい
【徹底比較】Minecraft(マイクラ)のマルチサーバー用にオススメのVPS(レンタルサーバー) ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はMinecraft(マイクラ)用にオススメのVPSは紹介していきます 「VPS...

↓ARK用のサーバーはこちら

あわせて読みたい
【料金比較】ARKのマルチプレイにおすすめのレンタルサーバー ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回はARKのマルチプレイにおすすめのVPS・レンタルサーバーを紹介して...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次