サーバー・VPS

【勝てる!】FXにVPSが必要な理由とオススメのVPS【MT4】

ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です

今回は、「FXにVPSが必要な理由」と「オススメのVPSサービス」を紹介していこうと思います

なぜFXにVPSが必要?

VPSの主な使用用途として「FXのために使用する」というものがありますが、なぜFXにVPSが必要なのでしょうか?

答えは簡単で「VPSだと自動取引ツールが使えるから」です

日々動向をこまめにチェックして、手動で取り引きし続けるのには、相当な労力が必要になります。

そのため、MetaQuotes社が開発したMT4、MT5(メタトレーダー4,5)に代表されるような「FX自動取引ツール」が必須となってきます

自動取引ツールというからには24時間365日休まずに動いてくれるのが理想的です。

しかし、自宅のパソコンをずっと動かし続けるのは電気代もかかりますし、そもそも一般的向けのパソコンは長時間動かし続けることを想定して作られていないので、割とちょっとしたことで止まっちゃいます

パソコンの停止中に大暴落が起きたりしたら取り返しがつかなくなりますよね。

というわけで、長時間の連続使用に適した「サーバー」を契約する人が多いというわけです

サーバーにも「共用サーバー」「専用サーバー」などいくつか種類がありますが、その中でもVPNが好まれるのは、比較的安価でありながらも自分で物理サーバーを設置するのと同程度の自由度があるためと言えます

FX用VPS選びのポイント

Windowsサーバーが使えるVPSを選ぶ

まず大前提として「Windowsサーバー」が使えるVPSを選びましょう。

VPSでよく使われるOSとしては、Windowsの他に「Linux系のOS」があるのですが、FX用に使うのはオススメできません

というのも、Linux系のOSではFXの自動取引ツールMT4を導入するのに手間がかかるからです

MT4を動かせないことはないのですが、色々と設定しなきゃいけなかったり、使えたとしても表示がおかしかったりします。

FX用にVPSを契約するなら、必ずWindowsサーバーが使えるサービスを利用しましょう

運用実績・安定性

VPS選びでは「運用実績」も重要な要素といえます。最近サービスを開始したばかりの「経験の少ない」企業のVPSだと、トラブルが多いなんてこともありますからね。

いくら安くても、しょっちゅう停止するようじゃ使い物にならないので、ある程度信頼できるサービスを選ぶようにしましょう

特にFX自動取引ツールを使う場合には、24時間365日動作し続けられるくらいの高度な安定性が求められるので、運営実績は非常に重要なポイントと言えます

↓ビジネス書の要約サービス↓

FX用VPSのオススメ!

ここからはFXで使えるVPSサービスを3つほど紹介します

この3社なら運営実績も十分ですし、価格も高くないので、どれを選んでも失敗することはないでしょう

お名前.com デスクトップクラウド

まず最初に紹介するのは、FX専用のVPSサービスである「お名前.com デスクトップクラウド

お名前.com デスクトップクラウドはFXの自動取引ツール・MT4に特化したサービスです。

公式サイト等では明示されていませんが、使用可能なリージョンは東京とニューヨークの2箇所です

僕が探したかぎり、アメリカにサーバーを置いている日系VPNは「お名前.com デスクトップクラウド」くらいなので、米国サーバーをお探しの方はこちらを利用するのがいいかと思います

なお、通常版の「お名前ドットコム VPS」と混同する方が多いので注意してください

サービス名お名前.com デスクトップクラウド
初期費用無料
月額料金(税込み)Windows:1,353~4,235円
CPUコア数Windows:2~28コア
メモリWindows:1.5~8GB
ディスク容量Windows:60~200GB(SSD)
リージョン東京/ニューヨーク
サポート電話・メール・チャット
無料お試し期間なし
公式サイトお名前ドットコム公式サイト

ConoHa VPS

続いて紹介するのが、GMOインターネット株式会社が運営するVPSサービス「ConoHa VPS

コスパがいいことから近年急速にシェアを伸ばしていて、「今もっとも注目のVPS」といっても過言ではないでしょう

Windowsが使える「ConoHa for Windows Server」は、月1100円(税込み)という業界トップクラスの低価格で使用可能です。初期費用も一切かかりません

サービス名ConoHa VPS
初期費用無料
月額料金(税込み)Linux系:683~53,900円
Windows:1,100~65,780円
CPUコア数Linux系:1~24コア
Windows:2~24コア
メモリLinux系:512MB~64GB
Windows:1~64GB
ディスク容量Linux系:30GB~100GB(SSD)
Windows:200GB(SSD)
リージョン東京/シンガポール(Linux系のみ)
サポート電話・メール・チャット
無料お試し期間最大7日間
公式サイトLinux系:ConoHa VPS
Windows:ConoHa for Windows Server

さくらのVPS

国内大手のVPSサービスといえば「さくらのVPS」が一番有名かと思います

20年以上の運用実績があり、障害が少なくトラブル対応も素早いのが特徴です。安定性を重視するなら「さくらのVPS」は最有力候補に挙がると思います

あと「さくらのVPS」は利用者が多いので、分からないことがあったときにネットで検索すれば解決策がすぐに見つかるというのもGoodポイント

14日間の無料お試し期間があるので、気になる方は迷わず使ってみるのが良いかと思います

サービス名さくらのVPS
初期費用無料
月額料金(税込み)Linux系:643~30,800円
Windows:1,100~32,340円
CPUコア数Linux系:1~10コア
Windows:2~10コア
メモリLinux系:512MB~32GB
Windows:1~32GB
ディスク容量Linux系:25GB~1600GB(SSD)
Windows:50GB~1600GB(SSD)
リージョン石狩/東京/大阪
サポート電話・メール
無料お試し期間14日間
公式サイトさくらのVPS公式サイト

結局どれがいい?

本記事ではオススメのFX用VPSを3つ紹介しましたが「結局どれを選べばいいの?」と思った方も多いのではないでしょうか?

個人的にはFXに特化している「お名前.com デスクトップクラウド」が一番オススメ。FX専用ということもあって設定が簡単です

ただし、月額1353円~と少し高いので、できるだけ費用を抑えたいという方は「ConoHa VPS」や「さくらのVPS」の利用も検討してみてはいかがでしょうか